外壁塗装を行う季節の選び方とは?冬や梅雨でも大丈夫?

外壁塗装リフォームは天候に左右されやすいというイメージがあり、冬や梅雨には塗装工事ができないのではと心配する人もいます。

たしかに天候が外壁塗装工事に影響することも多くありますし、具体的にどのような季節や天候だと工事ができないのかを理解しておくことは外壁塗装を行うタイミングを計画する上で重要です。

天候や季節のどのような点に注意すれば計画的に外壁塗装工事を進められるのかを把握しておきましょう。

■外壁塗装工事を大きく左右する条件とは何か

外壁塗装リフォームを行う際に塗装の剥がれなどの施工不良を起こさず、なおかつ安全に作業を完了させるために必要ないくつかの条件があり、これらの条件を覚えておけば外壁塗装工事を行うべきタイミングを判断するのに役立つでしょう。

1.外壁塗装工事で最も重要な条件は気温と湿度!

外壁塗装工事は基本的に屋外で行われ、気温と湿度が塗装工事の品質に大きく影響します。

 

塗装工事は、

  • 気温:5℃以上
  • 湿度:85%以下

という2つの条件を満たした環境下で行われなければならず、この条件は各塗料メーカーの商品カタログや国土交通省の公共建築工事標準仕様書にも明記されています。

この適切な気温と湿度という作業環境を守って施工を行わなければ、たとえ塗料の塗料の耐用年数が10年や20年であっても工事後すぐに塗膜の剥がれや変色といった施工不良が生じるおそれがあります。

 

例えば、気温が5℃未満の環境下で塗装工事を行ってしまうと、

  • 塗料が適切に乾燥せず塗りムラが生じる
  • 塗料にコールドクラックと呼ばれるひび割れが発生する

などの品質低下や施工不良を招く危険があるため、気温は5℃以上でなければなりません。

 

また湿度が85%を超えている環境下で塗装を行った場合も、塗料の乾燥不良や不要な水分が塗料に混ざってしまうことによる変色といった施工不良の原因となるため塗装工事は行なえません。

2.雨や雪が降っている場合にも外壁塗装工事は進められない

雨・雪が降っている場合も外壁塗装作業を行うことはできませんが、これは降雨・降雪のある時に外壁塗装作業を行うと、湿度が85%を超えている時と同じように、不要な水分によって塗装面の変色や乾燥不良などの施工不良が生じる恐れがあるためです。

 

雨や雪が少量であっても外気の湿度は85%を超えていることが多いため、外壁塗装工事を中断する必要があります。

3.風が強いかどうかも外壁塗装を行う上では重要!

ほとんどの外壁塗装工事には高所作業が含まれているので、塗装工事のはじめに家屋の周囲に架設足場が組み立てられます。

架設足場には洗浄時の汚れた水や塗料の飛沫が隣家や道路などの周囲に飛び散らないよう「飛散防止ネット」が張られますが、この飛散防止ネットが張られている状態の架設足場は風のあおりを受けやすく、

  • 強風時には足場が激しく揺れて外壁を傷つける
  • 風にあおられて作業者が落下する
  • 塗装の道具が強風で飛ばされる
  • 強風で足場が倒壊する

などの危険があり、架設足場を設置したあとに風が強くなると足場の飛散防止ネットを一時撤収し作業を中断しなければなりません。

4.悪天候下でも無理に作業を進めようとする悪徳業者には要注意!

外壁塗装工事ができなくなってしまう

  • 気温5℃以下
  • 湿度85%以上
  • 強風

といった状況でも無理に作業を進めようとする業者もおり、施工品質や作業者の安全よりも工事を早く終わらせて利益を出すことを優先する悪徳業者は、工事の品質が低くなって施工不良を起こす可能性があるだけでなく、塗装工事完了後に施工不良が発生した場合にも適切に保証しない恐れがあります。

 

優良業者であれば悪天候により作業が中断し工期が延長しても追加料金を請求することはありませんので、優良業者をみつけるためには見積もりの際に悪天候で工期が延長した場合にどのような対応をしてもらえるかまで確認するようにしましょう。

■外壁塗装工事を行う際に季節を気にしすぎなくてよい理由

外壁塗装工事を行う上で大切な気温5℃以上・湿度85%以下という条件をみたしていれば、冬や梅雨の時期であっても塗装工事を行うことができるため、外壁塗装を行う季節はあまり気にする必要はありません。

 

また、外壁塗装は風雨や寒暖差から家屋全体を保護し屋内の快適も保つという重要な役割を果たしているため、外壁に塗装の剥がれや大きなクラック(ひび割れ)などの明らかな劣化症状が見られる場合には、冬季や梅雨の時期であっても外壁塗装リフォームを先延ばしにしないほうが良いでしょう。

1.外壁塗装リフォームは年間を通して施工可能

外壁塗装工事を計画する上で

  • 気温が低くなりやすい1〜2月
  • 梅雨前線の影響で雨や湿度が高い日の多い6〜7月
  • 台風・秋雨前線の影響で雨や湿度が高い日の多い9〜10月

は外壁塗装が行いやすいといわれる春に比べれば予定を立てにくい時期ですが、最低気温が5℃未満の日でも日中には気温が塗装可能な5℃以上になることは多くありますし、雨の多い梅雨の時期でも雨が止み湿度が85%以下になれば塗装工事を行うことは可能です。

冬や梅雨は外壁塗装工事に不向きな気温・湿度になりやすいとはいえ、外壁塗装は年間を通して施工可能であるということを覚えておきましょう。

 

優良な外壁塗装業者は常に天気予報をチェックしながら綿密な施工管理のもとに作業を行いますし、突然の天候の悪化による予定の調整にも慣れていますので、経験豊富な優良業者であれば冬や梅雨の時期にも快く外壁塗装工事を引き受けてくれるでしょう。

2.外壁塗装リフォームに季節が大きく影響する地域もある

多くの区域で年間を通して外壁塗装工事を行うことが可能であるとはいえ、降雪が多い・可照時間(日の出から日没までの時間)が短いなどの理由で北海道・東北・日本海側などの寒冷地では冬季にはほとんど塗装工事を行うことができません。

冬季に外壁塗装が困難になる地域では、雪が降り始める前に外壁塗装工事を終わらせることができるよう前もって計画するとよいでしょう。

●外壁塗装における条件が厳しい地域ほど地元密着型の業者を選ぶと良い理由

もちろん寒冷地であっても多くの外壁塗装業者が営業していますし、冬季に塗装が難しくなる地域で長年にわたり塗装業を営んできた業者であれば、寒冷地特有の外壁塗装に不向きな環境下で賢く塗装工事を行うための十分な知識や経験を持っているでしょう。

寒冷地の優良塗装業者は、

  • 悪天候が予想される時期には工期に十分余裕をもたせる
  • 塗装作業ができない日にも実施できる付帯工事を進めておく
  • 乾燥しやすい塗料を選ぶ

など、地域特性を考慮に入れた工期・内容の工事を計画してくれます。

●外壁塗装のメンテナンスを急がなければならない場合もある

外壁にクラックや塗装の剥がれなどの深刻な劣化症状が突然に発生することはあまりなく、災害や事故といった突発的なトラブルがない限り外壁塗装の劣化はゆっくりと進行していきますが、長年にわたり外壁のメンテナンスを行なっていないために劣化がすでに深刻化している場合は、外壁塗装リフォームを早急に行わなければならないことがあります。

 

外壁塗装リフォームが必要となる下記のような劣化症状が見られる場合は、状況と深刻度に合わせていつ外壁塗装を行うべきかを早めに判断するようにしましょう。

チョーキング現象(白亜化)

塗料を固めている成分が紫外線で分解され、触れるとチョークのような粉状の汚れが付着する状態です。

塗料の耐久力が下がってきているサインですが、緊急に塗装し直さなければならないほど深刻な劣化ではありませんが、触れると手が真っ白になるほどのチョーキングが発生しているなら塗装リフォームを急いだほうが良いでしょう。

クラック(ひび割れ)

地震や温度差からくる外壁材の伸縮などの原因により外壁にクラックが発生していると、雨水が壁の内部に侵入して建物の劣化を早めてしまう恐れがあります。

ヘアークラックと呼ばれる細かなクラックであれば大きな問題になりませんが、クラックの幅が0.3mmを超えていれば補修を検討し、0.7mmを超えていれば補修を急ぎましょう。

クラックの発生が外壁の一部に見られるだけならば、その部分を補修しただけで十分な場合もありますが、まずは外壁塗装業者に検査してもらうのが賢明です。

雨漏り

雨漏りは住んでいる人が不愉快なだけではなく、侵入した雨水により外壁の内側にある柱や土台などの躯体が濡れてしまうと腐食やシロアリによる被害が発生しやすくなり、建物自体に深刻なダメージが及ぶこともありますので急いで対処するようにしましょう。

何が原因で雨漏りが発生しているのか特定するのは専門業者であっても簡単ではありませんが、雨漏りの原因を特定できれば一部分の補修だけで解決できる場合もあります。

雨漏りの原因を特定する無料診断を行っている塗装業者もあるので探してみましょう。

カビ・藻・コケ

湿気や水分が多く日当たりの悪い壁面にはカビ・藻・コケなどが生えることがあり、これらは発生が小規模であれば大きな問題にはなりませんが、広範囲に渡ってカビ・藻・コケが発生している場合は塗膜だけでなく、塗膜の下の外壁材にまでダメージが及んでいることもあります。

ダメージを受けた外壁材の修繕は難しく塗装工事より高額な費用が必要になる恐れもありますので、早めに塗装業者に点検を依頼し塗装リフォームを検討したほうが良いでしょう。

シーリング(コーキング)材の劣化

外壁材の目地に充填されたシーリング材は建物の防水のための非常に重要な部分です。

シーリングにクラックが生じていたり、縮んで隙間ができたりしいるような場合には雨漏りやすきま風の原因にもなるため、シーリングの打ち替えが必要な状態です。

シーリング工事単体でも施工することができますが、塗装工事と合わせて行えば費用と時間の節約になるということも覚えておきましょう。

■外壁塗装工事を行う季節ごとのメリット・デメリット

季節ごとに塗装を行うメリットとデメリットがありますので、外壁塗装リフォームを行おうと考えている場合はこの情報を参考にしながら自分にとって最善のタイミングを検討してみましょう。

季節 メリット デメリット
春(3〜5月)
  • 適切な気温で作業できるため、施工不良が発生しにくい。
  • 多くの地方で夏季に比べて降水量が少なく、予定通りに工事しやすい。
  • 梅雨の始まる前に多くの塗装業者が繁忙期を迎えるため、予約を取りづらい。
夏(6〜8月)
  • 気温が高いと塗料の伸びが良くなり、塗りムラが発生しにくい。
  • 可照時間が長く作業時間を多く確保できるため、工事を早く進めやすい。
  • 養生シートで覆うため窓が開けられず、室外機を覆うためエアコンも使用できない。
  • 日中は屋根が高温になることが多く作業を中断しなければならない場合がある。
秋季(9〜11月)
  • 台風の影響を受けない日は天候が安定していることが多く、工程の計画を立てやすい。
  • 空気が乾燥していて塗料が乾きやすく、施工不良が発生しにくい。
  • 台風で工期が延びることが多い。
  • 台風通過後は屋根・外壁の修繕・補修工事が殺到することが多いため、早めに業者に依頼する必要がある。
冬季(12〜2月)
  • 降水量が最も低く、工程の計画を立てやすい。
  • 空気が乾燥していて塗料が乾きやすく、施工不良が発生しにくい。
  • 気温が低いと塗料の粘度が上がり、塗りムラが発生しやすくなる。
  • 可照時間が短く、ほかの季節より工期を長めに取らなければならない場合もある。
  • 積雪することの多い地方では外壁塗装工事自体を受け付けていない場合もある。

■まとめ

外壁塗装はほとんどの地域で季節関係なく年間を通して問題なく行うことができるリフォーム工事ではありますが、外壁の状態を定期的に確認し、小さな外壁の不具合を早めに把握しておくようにできれば、急かされること無く外壁塗装の計画を立てることができます。

日頃から自宅の外壁の状況をよく観察しておくなら、天候や季節に悩まされずにベストなタイミングで外壁塗装リフォームを行うことができるでしょう。

地元優良店を無料でご紹介いたします!

外壁塗装駆け込み寺では、上記の業者はもちろん、その他にも多数の優良業者と提携しています。上記からお選びになる場合は、業者名をおっしゃっていただくとスムーズですので、ご利用ください。

業者は徹底的に厳選しており、失敗しない工事、長年美観を保つ工事が可能です。

●全て無料で利用可能
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

無料紹介ご希望の方は下記よりお申し込みください。

近所の優良業者を紹介!