外壁塗装工事中にエアコンは使える?業者や状況で異なります

外壁塗装工事をいざ始めるにあたって、誰しも不安に感じるのが「エアコンが使えなくなってしまう」ということです。

中には、エアコンが使えなくなることを業者から知らされず、「工事の直前に明日からエアコンが使えないと言われてしまった!」という自体に陥ってしまったケースもあります。

 

不安の多い外壁塗装工事中でも快適に過ごせるように、エアコンを少しでも使えるようにする工夫や、使用できない理由などを、事前に知っておきましょう。

■外壁塗装中はなぜエアコンが使えなくなるのか

建物の周りで様々な作業を行う外壁塗装において、外壁や屋根まわりに設置されている、エアコンの室外機や給湯器、換気口などは、作業の妨げとならないように一定の処置を施しておかなければなりません。

そのため、外壁塗装を行う際は、エアコンが使えない状態を想定して、生活の仕方を考えておく必要があります。

1.養生で室外機が塞がれる

養生とは、塗料や高圧洗浄の水が、建物の周囲や塗料が付着してはいけない箇所などを、マスキングテープやビニールシートで覆って保護する作業のことで、外壁塗装作業における大切な工程のひとつです。

通常、外壁塗装は作業手順に応じて養生箇所を切り替えながら行われますが、室外機やガスの給湯器などは外壁と一緒に塗装しませんので、外壁と塗装するあいだは、シートなどで覆われます。

 

このとき、養生で塞がれた状態の室外機を稼働させてしまうと、機械の故障や、シートの破裂などが起きる恐れがあるため、エアコンを稼働させられなくなってしまいます。

2.ホースが取り外されることがある

エアコンの配管ホースは、外壁に開けられた穴を通って、室内機と室外機を繋いでいます。

このホースは、外壁に沿うようにして固定されていることが多いため、ホースで隠れている部分を塗装するために、必要に応じて取り外されることがあります。

ホースが取り外されている間は、当然、エアコンを使うことはできません。

 

塗装業者が慎重で、エアコンに手をくわえることをためらう場合や、取り外さなくても塗装できるときなどは、室外機と同様に、シートや配管カバー(ホースカバー)などで養生するだけで済むケースもあります。

3.室外機やホースも塗装してもらえることがある

すべての塗装業者が行ってくれるわけではありませんが、室外機やホースが汚れていたり、錆びが発生したりしているときは、オプションで塗装や清掃をしてもらえることがあります。

塗装中は、エアコンを稼働させると施工ミスの原因になってしまいますので、もちろんエアコンは使用できなくなります。

 

エアコン周りの補修の例としては、以下のようなものがあります。

なお、劣化が軽度であれば無料で補修してくれる良心的な業者もありますが、トラブル防止のために、そもそもエアコンに手を加えること自体を断る所もありますので、すべての業者でエアコン周りの補修が行えるわけではありませんのでご注意ください。

●接続部材の錆び取り

ホースを外壁に固定している接続部材や、室外機の脚など、金属パーツに錆びが生じているときは、さび取りと防錆塗装をしてもらえることがあります。

●ホースの補修

ホースが破れてぼろぼろになっている時は、塗装やテープなどで表面を補修してもらえることがあります。

電気工事に長けている業者などは、交換用のホースを手配してくれる所もありますが、こちらは稀なケースです。

●汚れの除去

室外機やホース周りに付着した、泥やホコリを清掃してもらえることがあります。

●ホースが刺さっている壁の穴を補修

エアコンの配管ホースが刺さっている貫通穴は、通常は、キャップとパテで雨水や害虫などが侵入しないようになっていますが、まれにそれらの保護部材がずれて、わずかな隙間からハチや小動物が入り込み、ひどい時は巣を作っていることがあります。

このような隙間も、パテなどで保護してもらえます。

■エアコンが使えなくなる期間はいつまでか

外壁塗装はいくつかの工程が順番に行われ、エアコンが使えなくなるのは、そのうちの数日間です。

つまり、外壁塗装の工程と工事期間を把握していれば、エアコンがいつまで使えないのか不安に感じる必要もありません。

1.外壁塗装の工事期間を知っておこう

外壁塗装は、以下の工程が行われます。

  • 足場設置…1日
  • 高圧洗浄…1日
  • 高圧洗浄後の乾燥…1日
  • 下地処理…1~2日
  • 養生…1日
  • 塗装…6~9日
  • 片付け…1日

※雨などのトラブルで工期が延長しなかったときの、平均的な所要日数です

 

戸建て住宅の平均的な外壁塗装工事期間は、12~16日となっています。

しかし、必ずしもこの期間中、完全にエアコンが使えなくなるとは限りません。

2.エアコンが使えなくなる作業とその期間

エアコンが使えなくなるのは主に、高圧洗浄作業が行われている期間と、養生され、塗装が終わるまでの期間の2回です。

業者の中には、トラブルを防ぐために、足場設置工事から工事完了までエアコンの使用中止を呼び掛ける所もありますが、近年では、施主が施行中も快適に過ごせるよう配慮してくれる業者の方が多くなりつつあります。

実際にどのくらいエアコンが使えなくなるかは、依頼した業者の施工方法次第ですので、工事を契約してしまう前に、見積もりや建物診断の時点で相談しておかなければなりません。

●高圧洗浄作業中はエアコンが使えない

高圧洗浄とは、外壁表面の汚れを洗い落とし、下地調整や塗装が行いやすい状態を作る工程のことです。

業務用の高圧洗浄機を使って、大量の水で外壁の周囲を洗いますので、当然、水しぶきが広範囲に飛散します。

敷地外への水の飛散は、足場設置と併せて貼られる飛散防止ネットのおかげで防がれますが、室外機も、大量の水がかからないように養生しておかなければなりません。

よって、高圧洗浄作業中は、エアコンを動かせなくなり、さらに、洗濯物も干せなくなります。

●養生後塗装が終わるまでの期間もエアコンが使えません

外壁塗装で、本格的にエアコンが使えなくなるのは、養生が開始して、塗装が終わるまでの期間です。

建物を養生する作業自体は1日で終わるのですが、養生の目的は、その後に行う塗装を、安全に行うためです。

そのため、養生後は塗装が終わるまでシートを取り外すことはできず、当然エアコンも使うことができません。

 

ところが、外壁塗装における塗装作業は、最低でも6日は必要です。

外壁塗装では、下塗り・中塗り・上塗りという、3回塗りを行わなければならず、1工程でも省くと、耐久性の高い塗膜ができません。

また、それぞれの層が乾く前に塗装してしまうと、塗料の硬化が阻害され密着性も低下してしまいます。

そのため、それぞれの層を乾燥させる期間として、別途1日ずつ発生しますので、塗装作業と乾燥期間を合計すると、最低でも6日かかってしまうのです。

■エアコンが使えるよう配慮してくれる業者を選ぼう

ただでさえ足場で囲まれて息苦しくなる外壁塗装工事ですが、窓もシートで養生されてしまいますので、特に夏場などは「そんなに長期間エアコンを使えないのは困る」という人も多いのではないでしょうか。

しかし、近年の外壁塗装では、こうしたエアコンの使用に配慮してくれる業者が増えてきました。

1.エアコンに配慮してくれる業者の例

外壁塗装と切っても切り離せない、換気や室温管理という問題を改善すべく、エアコンが使えるように、様々な工夫を凝らしてくれる業者もあります。

もちろん家の状況などに応じて配慮できる場合とできない場合があるので無理を言わないようにしましょう。

●特殊な養生をしてくれる

通常、室外機の養生は、ごく普通のビニールシートで室外機を覆って、テープで留めるものが一般的ですが、最近では、カバーしたままでもエアコンが使用できる特殊な養生材も登場しました。

塗料が入り込まない程度の特殊な通気口が設けられており、この穴によって、塞いだままでも室外機を動かせるというものです。

ただし、使用場面が限定的であることや、室外機の規格に対応していなかった時は使えないことなどから、わざわざ入手しない業者も多いため、使えるかどうかは打ち合わせの際に業者に相談しておく必要があります。

また、特殊な室外機カバーを使用する際は、オプション価格が発生し、工事費用がやや高くなる恐れがありますのでご注意ください。

●室外機付近を優先的に塗装

室外機を早く使えるように、室外機付近から優先的に塗装してくれる業者もあります。

しかし、施工手順の考え方や作業ルールは施工業者ごとに違います。

室外機付近から塗装を始めたばかりに、逆に施工ミスを誘発する可能性があるような場合は、この方法は取ってもらえません。

●工事スケジュールをこまめに知らせてくれる

塗装業者によっては、毎日の進捗状況を必ず連絡してくれる所もあります。

具体的に、いつからいつまで室外機が使えなくなるかこまめに知らせてくれますので、このような業者に依頼できれば、エアコンの利用だけでなく、工事全般において、不安を和らげてもらうことができるでしょう。

2.業者との工事前の打ち合わせが肝心

エアコンが完全に使えなくなるのはごく短期間だけですが、できれば、養生方法を工夫して、少しでも長くエアコンを遣わせてくれる業者に依頼するのが望ましいでしょう。

しかし、業者によっては仕事の手順を変えることをひどく嫌がる所もあり、それが施工品質を守るための対応であればよいのですが、中には、料金だけ受け取って手抜き工事をして、さっさと現場を離れようとする悪質業者が紛れていることもあります。

こういった点から見ても、やはり、施工中も施主が快適に過ごせる点に配慮してくれるかどうかを、専門業者選びの基準にすることをおすすめします。

●養生したまま放置しっぱなしの場合は事情を聞こう

養生をとっくに取り外してもよいのに、いつまでも室外機や給湯器、通気口を養生で塞いだままにして、施主に知らせてくれない業者などもいます。

「もうとっくに塗装が終わったのに、いつまで養生し続けるの?」と感じたときは、業者にエアコンを使ってもよいか、こちらから質問するとよいでしょう。

作業が忙しくて単純に忘れていることもあれば、何かの事情があって養生が続いていることもありますが、いずれにしても、何かしらの説明をしてもらうべきでしょう。

 

養生は、作業工程が移行するたびに、適切に量や場所を見直すことが望ましく、そのようなマメさが、塗装の品質にも影響します。

そのため、いつまでも養生を放置し続ける業者は、作業品質を不安視せざるを得ません。

●電気工事の資格を持つ業者もいる

塗装業者の中には、屋根工事の一環として太陽光発電の設置を行う所も多く、電気工事士の資格を持っていることがあります。

エアコンの取り扱いは電気工事の専門家にしか行えない部分もあるため、このような業者であれば、お使いのエアコンの特徴に応じて、使用できる期間・できない期間を詳しく教えてくれることでしょう。

■おわりに

外壁塗装工事中は、一時的にエアコンが使用できなくなるため、多くの人は工事期間中の過ごし方に不安を抱いてしまうものです。

しかし、外壁塗装の基本的な工程と、エアコンが使えなくなる理由を知っていれば、使えない期間を逆算して、自分たちの生活に合わせた予定や過ごし方を考えることもできるようになります。

窓が開けられず、エアコンが使えなくなる外壁塗装リフォームでも、少しでも快適に過ごせるように、施主の生活を優先してくれる優良業者を選びましょう。

施工前の外壁塗装の悩み相談を無料でお伺いします!

●外壁や屋根の悩みをお伺いします!
●全国どこでも無料で相談出来ます!
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺には悩み相談を毎日無料で受け付けています。外壁や屋根に関する事ならどのような事でも遠慮なくご相談ください。専門のスタッフが今現在の外壁塗装に関するお悩みを丁寧にお伺いします。フリーダイヤルによる相談も年中無休で受付中です。

外壁塗装の悩みを相談する