外壁塗装では油性塗料(溶剤)と水性塗料どちらが良いの?

外壁塗装に使われる塗料には、水性塗料と油性塗料(溶剤塗料)というものが存在します。

どちらが良いのかというのは今現在、業者さんの間でも意見が分かれており、「耐久性なら油性塗料が良い」や「水性塗料は進化しているので油性塗料に負けない」など、見解によって様々です。

では実際、どちらの塗料の方が良いのでしょうか。塗料を選ぶ前に確認しておきましょう。

paint

塗料には水性塗料と油性(溶剤)塗料があります

塗料には様々な種類があるので、混乱してしまいますが、どのような塗料であっても水性塗料と油性塗料に分けることが出来ると考えておいてください。

塗料というのは、主に色などの役割をする「顔料」と、耐久性などの役割をする「樹脂」と、ツヤがある塗料のツヤを消すなどの特別な機能をつけるための「添加物」で出来ています。よく塗料のランクとして言われるのが、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素ですが、これは耐久性などの役割をする合成樹脂の部分となります。

水性塗料と油性塗料の分け方

「顔料」「樹脂」「添加物」はそれぞれ液体ではありません。液体だと壁に貼っても流れてしまいます。固体だとそもそも壁に張り付いて保護する事も着色する事も出来ません。

それ故、外壁塗装用の塗料は、まず液体で溶かして(薄めて)壁に塗って乾かし、溶かした液体を蒸発させることで壁に密着させるのです。このときに溶かす液体によって水性塗料か油性塗料かが決まります。

水で塗料を溶かすなら水性塗料、シンナーなどの溶剤で溶かすなら油性塗料となります。どれくらいの水で溶かすのか、などの希釈率に関しては、細かくメーカーによって定められており、塗料、塗り方、気温、天気などによって変わってきます。

一般的に油性塗料と言われている塗料は溶剤で溶かしているので溶剤塗料の事ですが、水性の反対ということからか油性塗料と呼ぶ方が多いようです。このページでは溶剤塗料、弱溶剤塗料ともに油性塗料として統一させていただきます。

油性塗料(溶剤塗料)について

水は飲んだり、近くに置いてあったりしても特に健康被害などはない無害な液体と言えますが、油性塗料に使用するシンナーなどの有機溶剤は違います。

有機溶剤は非常に危険なもので、「他の物質を溶かすための物質」です。つまり物を溶かす専門の物質なので、非常に強力です。しかも、体にも有害な物質といえるもので、有機溶剤を扱う仕事をしている人には特殊な健康診断を行うように厚生労働省が定めているほど危険な物なのです。

有機溶剤はそばに置いてあって、その臭いを吸い続けるだけで十分に人体に害を及ぼします(シンナーによる人体への影響に関する記事はこちら

溶剤と弱溶剤

油性塗料にはさらに溶剤(強溶剤)と弱溶剤に分かれています。

シンナーには様々な種類があり、溶解力が強い、アクリルシンナー、ラッカーシンナー、ウレタンシンナー、エポキシシンナーを使ってどろどろにした後に壁に塗る塗料が昔は盛んでした。強溶剤を使う塗料ということで強溶剤塗料、または単純に溶剤塗料と呼ばれています。

今現在は環境や人体への影響を減らすために、国はVOC削減(揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の事で、要はシンナーのこと)という理念を掲げています。

もちろん人にも環境にも有害な強溶剤塗料は出来れば使わない方が良い、ということで、大手メーカーは溶剤塗料を進化させて、弱いシンナーでも溶けるような塗料を作りました。それで完成したのが弱溶剤塗料です。弱溶剤というのはシンナーの中でも比較的低刺激な塗料用シンナーを使用した塗料です。

臭いも人体や環境への影響も、強溶剤塗料に比べて控えめです。

強溶剤 弱溶剤
シンナー
  • アクリルシンナー
  • ラッカーシンナー
  • ウレタンシンナー
  • エポキシシンナー
  • 塗料用シンナー
    (塗料用シンナーAなど)
説明 非常に溶解力が強いシンナー。 塗料専用に作られたシンナーでガソリンや灯油に近い人体への影響が少ないシンナー。ペイント薄め液ともいう。

そのうち、弱溶剤塗料すらあまり使われなくなって、水性塗料やもっと環境によい塗料が出てくる可能性もあります。塗料は日々進化しているのです。

水性塗料について

VOC削減の為にさらに開発が進み、出てきたのが水性塗料です。水性塗料はそもそもシンナーで薄めるのではなく、水を使って薄めるので薄め液にシンナーを使用しません。この時点で大幅なVOC削減ですね。

そこから、水性塗料は「臭いがしない」や「安全」と言われてしまいがちですが、実際はそうではありません。塗料を安定させるためのVOCが若干入っているので、臭いが全くしないわけではありません。きちんと換気がされているところで、行う必要がありますし、水性塗料が入った容器にも気を遣う必要があります。メーカーの取扱説明書にも「換気のよい場所で取り扱い、容器はその都度密栓してください」とかいてあります(関西ペイントの場合)。

ここからさらにVOCを減らした塗料が開発・研究されています。無溶剤型塗料やVOCフリー塗料と呼ばれる物です。今はまだ一般的ではないので、結果的には人体や環境に無害な塗料が出てくるといいですね。

油性塗料と水性塗料のメリット、デメリット

油性塗料と水性塗料のメリットとデメリットについてまとめました。

油性塗料 水性塗料
メリット
  • 長持ちする傾向がある
  • 艶を維持しやすい
    汚れがつかない時期が長い
  • 低温でも乾燥させやすい
  • 臭いが少ない
    近所迷惑や住む人の害になりにくい(無害ではない)
  • 現場での保管が楽。
    害が少ないので置いておいても危険が少ない
  • 価格が少し安め
デメリット
  • 臭いが強い
  • 価格が高い少し高め
  • 油性より少し寿命が短い
    もしくは少しもろくなりやすい
  • 塗装出来ない下地が多い
    特に鉄などには出来ない水性塗料が多い
  • 艶が落ちやすい
  • 低温で塗る事が出来ない
  • 雨が多いと塗りづらい

メリットデメリットを並べてみましたが、必ずしもこの通りではない場合もある事も覚えておきましょう。例えば、最近完成した関西ペイントのアレスダイナミックフィラーという塗料は水性塗料なのにもかかわらず、雨の日に塗る事が可能な世界初の塗料です。

上の表はこういう傾向があるという感じで考えておきましょう。

大手メーカーの油性塗料と水性塗料を比べました

大手メーカーであるエスケー化研、関西ペイント、日本ペイントのホームページにはそれぞれの塗料の特徴が詳細に記載されています。その中で同等の耐用年数である油性塗料と、水性塗料を見比べてみましょう。特に違う所を太字で強調してあります。

SK化研 クリーンマイルドシリコンと水性セラミシリコン

クリーンマイルドシリコン 水性セラミシリコン
油性水性 油性(弱溶剤) 水性
樹脂 アクリルシリコン樹脂 セラミックシリコン樹脂
設計価格 2,200円/m2 1,900円/m2
耐用年数 12~15年 12~15年
用途 一般内外壁、乾式パネルなどの建築構造物 内外装
適用下地
  • コンクリート、セメントモルタル、ALCパネル、スレート板、GRC板押出成形セメント板、各種サイディングボード、各種旧塗膜(活膜)など
  • 鉄部、亜鉛メッキ鋼、アルミニウム、ステンレスなどの金属
  • コンクリート、セメントモルタル、ALCパネル、スレート板、各種サイディングボード、各種旧塗膜(活膜)など
1液2液 2液型 1液型
どれだけ
塗れるか
42~68m2/15kgセット 45~64m2/16kg缶
ツヤ 艶有り、7分艶、5分艶、3分艶 艶有り、半艶、3分艶、艶消し
希釈 塗料用シンナー 清水
様々 様々
塗装方法 吹付、刷毛、ローラー 吹付、刷毛、ローラー

最も気になる部分は耐用年数ですね。こちらは厳密には期待耐用年数という意味で、塗り替えの時期の目安をメーカーが定めたものです。これが油性塗料と水性塗料で同じとなっています。

次にきになるのは、油性塗料の方が様々な適用下地に適用しているということです。つまり、油性塗料であるグリーンマイルドシリコンの方が、様々な下地に対して塗る事が出来ると言う事です。特にアルミニウム、ステンレスなどの鉄部に塗る事が出来ます。鉄部だけ別の塗料に替えなくて良いので無駄が少ないと言えます。

SK化研 セラタイトFと水性セラタイト

セラタイトF 水性セラタイトF
油性水性 油性(溶剤) 水性
樹脂 ふっ素樹脂 水性ふっ素樹脂
設計価格 3,100円/m2 2,600円/m2
耐用年数 15~20年 15~20年
用途 一般内外壁、複層塗材の上塗り、橋脚、通路側壁、構造物、屋根、カーテンウォール、車両、外装板 内外装
適用下地
  • コンクリート、セメントモルタル、スレート板、鉄鋼、亜鉛メッキ鋼板、アルミニウムなど
  • コンクリート、セメントモルタル、ALCパネルPC部材、スレート板、GRC板押出成形セメント板各種旧塗膜など
1液2液 2液型 2液型
どれだけ
塗れるか
セラタイトF中塗材:82~126m2/16.5kgセット
セラタイトF:100~115m2/15kgセット
水性セラタイトF中塗材:94~133m2/16kg缶
水性セラタイトF:87~121m2/15.75kgセット
ツヤ 艶有り、5分艶、3分艶 艶有り、半艶、3分艶
希釈 セラタイトシンナー 清水
様々 様々
塗装方法 吹付、刷毛、ローラー 吹付、刷毛、ローラー

こちらに関しては若干水性である水性セラタイトの方が優れた塗料のように考えられます。特に、適用下地が多いということや、設計価格が安い、ということなどからです。

従来はフッ素には油性塗料しか存在していませんでしたが(今もフッ素は油性だけと紹介している業者さんのホームページもあります)、新しい塗料が次々開発されてきて、性能が良くなってきていると言う事ですね。ちなみに2液型は水性では珍しかったのですが、水性セラタイトがその2液型の塗料となっています。

関西ペイント セラMシリコンIIIとアクアシリコンACII

セラMシリコンIII アクアシリコンACII
油性水性 油性(溶剤) 水性
樹脂 シリコン樹脂 シリコン樹脂
適用下地
  • コンクリート、モルタル、鉄
  • コンクリート、モルタル、スレート板
1液2液 2液型 1液型
ツヤ つや有り、7分つや、5分つや、3分つや つや有り、7分つや、5分つや、3分つや
希釈 塗料用シンナー
様々 様々
塗装方法 吹付、刷毛、ローラー 吹付、刷毛、ローラー
注意点 8時間以内に使い切る 塗装後 2時間以内(23℃)に降雨が予測される場合は塗装を避ける

メーカーによって、公開されている情報が異なるため、エスケー化研とは表示の内容がかなり変わってきます。しかし,表示されているところだけ見ると、だいたい同じような感じになっています。

油性の方は2液型なので、混ぜたら8時間以内に使い切る必要があるのですが、水性塗料にはそれがありません。逆に水性の方は2時間以内に雨が降ると予想される場合は塗装をしないように書いてありますが、油性には書いてありませんでした。気候などによっても選び方が変わりそうです。

関西ペイント  セラMレタンとアレスアクアレタン、コスモレタン

セラMレタン アレスアクアレタン コスモレタン
油性水性 油性(弱溶剤) 水性 水性
樹脂 ウレタン樹脂 ウレタン樹脂 ウレタン樹脂
適用下地
  • コンクリート、モルタル、無機建材、鉄、アルミニウム、亜鉛めっき鋼材
  • コンクリート、モルタル、スレート板、鉄、亜鉛めっき
  • コンクリート、モルタル、スレート板、硬質塩ビ、FRP
1液2液 2液型 1液型 1液型
ツヤ つや有り、7分つや、5分つや、3分つや つや有り つや有り
希釈 塗料用シンナー
様々 様々 様々
塗装方法 刷毛、ローラー、スプレー、エアスプレー 刷毛、ローラー、エアレススプレー 刷毛、ローラー、エアレススプレー
注意点 8時間以内に使い切る 塗装後 2時間以内(23℃)に降雨が予測される場合は塗装を避ける 塗装後 2時間以内(23℃)に降雨が予測される場合は塗装を避ける

油性のセラMレタンと、水性のアレスアクアレタン、コスモレタンを比較してみました。関西ペイントのウレタン塗料です。

こちらの三つを見ても性能の差がありません(関西ペイントは期待耐用年数を公表していないため一般的なウレタン塗料の耐用年数の7~10年と推測します)。ただ、それぞれの塗料に特徴があるので、今現在の家の状況を見て判断するべき塗料です。

例えば、雨が降りがちで日照時間が短い地域での塗装の場合、水性塗料は降雨が予想されるときは塗る事が出来ません。もちろん雨が降っているときは油性でも出来ませんが、どちらかと言えば雨に強い油性塗料「セラMレタン」を雨の合間をぬって塗る方法が良いでしょう。

また別の例として、塗料の臭いを出来るだけさせない方が良い「ご近所と非常に近い家」で亜鉛メッキのガルバリウム鋼板だった場合、臭いがしない水性塗料で、亜鉛メッキ下地に塗られる「アレスアクアレタン」を選びます。

このように今現在の状況等考えながら水性か油性かなどの塗料を選べぶようにしましょう。

日本ペイント 1液ファインシリコンセラUVと水性シリコンセラUV

1液ファインシリコンセラUV 水性シリコンセラUV
油性水性 油性(弱溶剤) 水性
樹脂 シリコン樹脂 シリコン樹脂
設計価格 2,670円/m2
適用下地
  • 窯業サイディングボード・コンクリート・モルタル
  • 一般鉄部・硬質塩ビ・FRPなど
  • 窯業サイディングボード・コンクリート・モルタルなど
1液2液 2液型 1液型
どれだけ
塗れるか
107㎡/15kgセット 100㎡/1缶
ツヤ つや有り、3分、5分、7分つや有り つや有り、3分、5分、7分つや有り、つや消し
希釈 塗料用シンナー 清水
様々 様々
塗装方法 吹付、刷毛、ローラー 吹付、刷毛、ローラー

こちらに関しても、どちらの塗料が優れているか、と言う事ではなく、要望にあった塗料を選ぶ事になります。

例えば、艶がない方が良い、という方には艶無しを選択できる「水性シリコンセラUV」になりますし、硬質塩ビの雨樋の家で、外壁と同じグレードの塗料を使いたいという場合は、「1液ファインシリコンセラUV」を使う事となります。

出来るだけ公式ホームページで相場などを確認出来るこのような大手塗料メーカーが好ましい、と言う事もおわかりいただけたかと思います。

結局、油性と水性はどちらがよいか

上記を見ていただけるとほとんどおわかりいただけたかと思いますが、油性と水性の塗料の違いというのは今はほとんどなくなってきており、メーカーも「水性塗料が求められてきている」ということで、水性塗料の開発により力を入れていることが分かります。なぜなら、臭いが少ない水性塗料はシンナーを使わないために、人体にも害が少なく、環境にも優しいからです。

水性塗料の性能が油性塗料に追いついてきた頃は、「高性能な水性塗料は価格が高い」として敬遠する方もいたのですが、今はむしろ水性塗料が安くなっているグレードもあるぐらいです。

しかし、水性塗料だけでは、対応出来ない下地も今はまだあります。これまでずっと油性塗料でやってきた長い歴史に、水性塗料が追いついてくれば、水性塗料も様々な下地に適応するようになり、臭いもどんどん目立たなくなるでしょう。

基本的には今現在の外壁や好みなどで判断

ここまでお読みいただいた方ならすでにおわかりいただいているかもしれませんが、油性が良いか、水性が良いかと考えたときに、そもそも今現在の外壁や屋根の状況と自分の好みに合った塗料はどれか、ということを業者さんに相談しましょう。実際に家に来てしっかりと調べてくれた優良な外壁塗装業者であれば、今の家の状況が分かります。

例えば今現在の下地はモルタルなのか、サイディングなのかといった初歩的なことだけではなく、臭気がトラブルになるほど近所の家が近いのか、日の当たりやすさはどうか、鉄部、木部などが全体のどれくらいを占めているかなどを総合的に考えます。その上で、顧客の予算がいくらぐらいを希望しているのか、何年ぐらい塗料を持たせたいのか、艶がある方が良いかない方がいいか、近所との人間関係は出来ているのか、などを聞いた上で総合的に判断するのが良いでしょう。適切な塗料を選ぶには良い外壁塗装業者としっかりと打ち合わせを行う事です。その結果、選択肢として出てきた物が適切な塗料となります。

その時に選択肢として出てきた塗料が全く同じグレードの塗料で、油性と水性で悩んでしまった場合は、以下を参考にしてください。

機能性で考えるなら油性塗料

価格や性能が似てきたのであれば、シンナーの臭いがするような油性塗料は極力避けた方が良いのではないか、と考えてしまうかもしれません。事実そうなのですが、それでも今は耐久性、防汚性などを考えるのであれば、油性塗料の方が上です。次の画像をご覧ください。それぞれエスケー化研の公式の画像です。

エスケー化研のセラタイトFと水性セラタイト

エスケー化研から引用
http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/pdf/ceratight_w.pdf
http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/pdf/ceratight.pdf

先に例に挙げたエスケー化研のセラタイトFと水性セラタイトFという塗料は、期待耐用年数が同じ15~20年とされていました。つまりグレードは同じフッ素なのです。上の図はそれぞれの塗料においてライトを照射し続けたときにどれくらい光沢を保持していられるか、と言う事を表す図となります(キセノンランプテストと言います)。

左の図の紫色の線がセラタイトF、右の図の青色の線が水性セラタイトFの光沢保持率です。照射時間2500時間(104日ほど)を当て続けた段階ではそこまで差は開いていませんが、5000時間(208日ほど)当てた段階の光沢保持率はセラタイトFが90%強なのに対し、水性セラタイトFは90%弱まで落ちてしまっているのです。日本の平均日照時間が1500~2000時間ほどとすると、約2年ほどで両者の間には少し差が出てくる、と言う事になります。

期待耐用年数という「塗り替えの時期」に関しては同じ15~20年だとしても、艶や艶がもたらす汚れにくさ、耐候性などに関しては、今の所まだ油性塗料の方が高いと言えます(艶に関してはこちらの記事をご覧ください)。それ故、汚れにくい家を長時間維持したいということであれば、油性塗料を選びましょう。

環境、人体、周りへの影響を考えるなら水性塗料

なんと言っても臭いが少ないのは非常にありがたいことですよね。シンナーの場合、臭い=害なので、近所の方も臭いがしては良い気はしません。

また家の中に赤ちゃん、妊婦さんが居て、一時的に引っ越すなどで臭いが来ない場所に行けない場合は、水性塗料を使わざるを得ません。溶剤の臭いは胎児や赤ちゃんに悪い影響を及ぼす可能性があります(シンナーに関する記事はこちら)。

また、森の中の自然と調和している家などの場合も、せっかく家と自然が調和する環境なのに環境破壊をしてしまう油性塗料を使うというのはポリシーやテーマに反してしまうでしょう。

大きな理由、小さな理由、様々ありますが、ご自身の状況に合わせて、油性塗料、水性塗料を選びましょう。

悪徳業者にだまされずに地元優良店を無料で探す秘訣

●全て無料で利用可能
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺では毎日200件以上のご相談をいただいており、その実績と経験からそれぞれのお客様にあった適切なアドバイスを無料で提供しております。リフォームで詐欺被害に遭う方、悩む方をなくしたく始めたサービスです。外壁塗装で不安なことが一つでもあれば遠慮なくご連絡ください。

良い外壁塗装選びは住まいの適切な相場を理解することから始まります。外壁塗装駆け込み寺では電話番号と延べ床面積を入力するだけであなたの街の外壁塗装のリフォーム相場を適正診断いたします。お手元に見積書があればそれも適正か診断します。

あなたの街の相場を適正診断!