外壁塗装は雨の日に出来る?湿度や気温、追加料金について

外壁塗装の工事中に雨が降ってしまうと工事の日程や塗った塗料にどのような事が起こってしまうのか、様々な雨に関する疑問点を解決したいと思います。

雨の日でも気にせずに作業を行ってしまうと、後々に外壁に不具合が出てくる可能性があるので、どの工程が出来て、どの工程が出来ないのかをしっかりと確認しておきましょう。

雨が降っても出来る工程もあります

雨の日の塗装

契約して工事に入った後、全日程が晴れているのならよいのですが、梅雨を外したとしても、雨が降る日が何回かあるかもしれません。基本的に雨が降ったときに関しては、塗装関係の工事は中断します。

ただ、全ての外壁塗装業務を中断して、その日一日は何もしない、と言う事ではありません。確かに塗装業務に関しては難しいです。

しかし、足場を組み立てたり、養生シートを張り巡らせたりなど、雨が降っていても進めることが可能な工程もあります。

塗料関係の工程は全て延期します

雨の日の作業は中止

雨の日に無理矢理、塗装作業を行うと様々な弊害が起こります。

  • 塗料が雨で薄まってしまう
  • 塗料に雨水が落ち、水玉模様のようにまだらな汚い仕上がりになってしまう
  • 塗料が乾燥しないうちに重ね塗りするので、後々に塗膜剥離(塗装が剥がれる事)、ひび割れ、クレーター、白化、不具合が起こる可能性が高い

雨というのは小雨から土砂降りまで程度にかなり幅があるので、どのくらいの雨で中止するべきなのか、というのは判断が難しいところですが、基本的に外壁塗装用の塗料は湿度が上がるときれいに仕上がりません。それ故、雨が降っても降ってなくても、小雨であったとしても、湿度が85%以上という状態が続きそうであれば、塗装は辞めるべきと判断しましょう。

塗料メーカーも塗料がしっかりと機能するための注意事項として「気温5度以下、湿度85%以上の塗装は避ける」とあります。

また、「降雨が予想される日の塗装」も避けるべきとあり、天気予報が雨だった場合も避けた方が良いかと思います。昔と違い、離島でもない限りは、天気予報はかなり当たりますので、天気予報が雨の場合はまず作業を中止しておいた方がよさそうです。

業者さんが判断する場合、外壁塗装業者の中には降水確率が20~30%であったとしても、雨が降りそうであればその日の作業はしない、という所もあるようです。

雨の日でも塗れる塗料を関西ペイントが業界初開発!

アレスダイナミックフィラー

関西ペイントが雨の日でも塗る事が出来る塗料「アレスダイナミックフィラー」を開発し、販売を開始しました。フィラーなので、下塗り塗料ではあるのですが、今までは雨が降ったら塗装関係の業務は全て延長になっていたのが、これからは雨が降っていても下塗りの段階まで進むことが出来ます。雨の日で工期を延期しなくて良いと言う事は、その分、業者の負担が減るので、価格面や品質面でも顧客に還元されそうです。

アレスダイナミックフィラーは主材と強化剤に分かれており、晴天で乾燥した状態であれば主材のみを使用し、高湿度であったり、雨が降ったりの状況であれば、主材に強化剤を混ぜて使用します。ただし、湿度が高い面であれば、その分、乾燥には時間がかかるので(23℃で16時間以上の乾燥)、中塗りや上塗りを塗る工程を始める前にしっかりと時間を取りましょう。

また、高圧洗浄機をかけたばかりの濡れた面であっても、今後はすぐに塗装が出来るようになりそうです。アレスダイナミックフィラーに関しては、メーカーも強化剤を使う事で「高圧洗浄後、すぐにダイナミックフィラーを塗装する。」と使える場面としてあげています。本来は高圧洗浄後は2日は乾かさないと行けないです(高圧洗浄についての詳しい記事はこちらから)。

下塗りだけではなく、今後、上塗り用なども出てきそうなので、さらなる工期の短縮が見込めそうです。

塗装作業の途中で雨が降ってしまったら?

雨が降ったら作業は中止

下塗り、中塗り、上塗りと塗装の作業中に雨が降ってしまうこともありますが、その際はどれくらいの雨かで中断するかどうかを判断します。

突然土砂降りが降るような雨模様の時はそもそも塗装自体を最初からするべきではないのですが、天気予報も、業者さんの予想も全て外してしまった場合はもうお手上げです。

その場合は、塗装の塗り直しをする事になるかと思います。

塗料が通常乾くのは1時間以上かかります。溶剤系の塗料だと4時間ほどかかるものもあります。冬場だとさらに乾くのが遅い場合もありますし、朝露や夜露など乾くのを阻害するものは実は雨以外にもたくさんあるので、しっかりと工期をスケジュールしてもらいましょう。

雨の中でも塗装をする業者もいます

雨の日にも塗装をする悪徳業者

「雨でもすぐに乾く良い塗料だから問題ない」「水性塗料なのでご安心ください」といいながら雨の中でも平気で作業をする業者さんがいます。

あまり良くない業者さんの場合、平気で「大丈夫」といいながらぱぱっとやってしまう場合があります。

なぜそのような酷い事をするのかというと、工期を出来るだけ後らせたくないという理由があるからです。

職人さんは休みにすれば人件費はかかりませんが、もし足場を業者さんが他社からレンタルしている場合にはそのレンタル代がかかってしまいます。それが例えば下請け業者さんだった場合は、元請け業者さんからもらえる予算が決まっているので、出来るだけ支出を減らさないと自分の所の利益が減ってしまうからです。

ただ、雨で濡れた足場というのは滑りやすく危険ですので、作業は中断するようお願いしてください。

工期が伸びた分の追加料金は発生する?

追加料金

誰しもが心配してしまうことですが、雨が続いてしまい、工期が伸びてしまう場合に追加料金が発生する、と言う事はありません。

そもそもが、工期中に雨の日などがあると想定して工期を決めているので、想定内の事となります。

ただ、どうしても足場やシートで覆い被さった家の状態が長くなってしまいますので、梅雨の時期は避けた方が良いと思います。

それでも雨が原因のトラブルを防ぐために

雨の日の塗装は止める

雨が降っていても業者さんが作業をやめない場合

業者さんが雨天でも作業を強行した場合、それを理由に保障期間の延長を交渉しましょう。

雨の時に塗装を続けると先述の通り、塗装面に白化、塗膜剥離のトラブルが起こる可能性があります。

しかも、外壁塗装というのはその場ですぐ塗料が剥がれ落ちるわけではなく、数ヶ月、数年かかる場合があるのです。

ですが、例えば15年以上持つと言われたフッ素塗料で塗装をお願いしたのに、数年でダメになってしまった場合、わざわざ高いお金を支払って良い塗料にした意味がありません。

問題ないと考えて塗ったと言う事なので、交渉はしておくべきだと思います。

塗っている最中に雨が降ってしまった場合

上の問題と違い、優良な業者さんでもあり得るケースかと思います。

乾ききっていないうちから雨が降ったであろう塗装面はその後の経過をきちんと確認し、異常がないかどうかを目視で確認しておきましょう。

雨とは関係なくでも、とにかく不安なことは気づいたその時点で相談しておくことが大切です。

優良な業者さんであれば、必ずきちんと対応してくれるはずです。

悪徳業者にだまされずに地元優良店を無料で探す秘訣

●全て無料で利用可能
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺では毎日200件以上のご相談をいただいており、その実績と経験からそれぞれのお客様にあった適切なアドバイスを無料で提供しております。リフォームで詐欺被害に遭う方、悩む方をなくしたく始めたサービスです。外壁塗装で不安なことが一つでもあれば遠慮なくご連絡ください。

良い外壁塗装選びは住まいの適切な相場を理解することから始まります。外壁塗装駆け込み寺では電話番号と延べ床面積を入力するだけであなたの街の外壁塗装のリフォーム相場を適正診断いたします。お手元に見積書があればそれも適正か診断します。

あなたの街の相場を適正診断!