外壁塗装で知っておきたいセラミック塗料の裏事情

外壁塗装用の塗料には「セラミック塗料」という種類があります。

セラミック塗料について塗装業者は「断熱効果が非常に高い」、「紫外線に強い」、「石材調の見た目で意匠性が高い」と説明することもありますが、どのセラミック塗料を使ってもこれらすべての効果が発揮できるわけではありません。

 

大切な外壁を保護する塗料を誤った知識で選んでしまわないように、セラミック塗料の特徴や注意点について理解しておきましょう。

■セラミック塗料とは?

(画像は山本窯業化工ホームページより引用)

セラミック塗料とは、砂や石、セラミックビーズなどの微粒子が配合された塗料で、無機塗料や無機ハイブリット塗料とも呼ばれます。

セラミックとは本来「焼き固めたもの」という意味で、陶磁器や焼き物などを指すこともあります。

 

セラミック塗料は非常に多くの会社が着目していますが、同時に悪徳業者などが手口に利用することもありますので正しい知識を身につけておかなければなりません。

1.セラミック塗料に関する正しい知識を身につけよう

一口にセラミック塗料といっても様々な効果を持つものがあり、断熱や意匠性など特定の効果を持たせるためにメーカーごとに様々な方法でセラミックを配合しています。

 

そのため正しい知識を身につけておかなければ、

  • 「断熱効果があると思ってセラミック塗料を選んだのに、そんな効果はないとメーカーに言われた」
  • 「非常に高額な塗装費用になったのに期待していた効果と違った」

などの不満足な結果になりかねません。

 

効果のない塗料を選んでしまわないように、どのような種類のセラミック塗料があるのかしっかり理解しておきましょう。

2.セラミック塗料は悪徳業者の手口に使われやすい

「セラミックが配合された塗料です」と言われるといかにも高級そうに聞こえるため、悪徳業者は契約を勧めるツールとしてセラミック塗料を利用することがあります。

 

セラミック塗料を使った悪徳業者の手口の例としては、

  • 「通常のシリコン塗料は耐用年数が12年ですが、弊社が開発した独自のセラミックシリコンなら20年の耐用年数を誇ります」
  • 「新登場のセラミックが100%配合された最新塗料です!」
  • 「セラミック塗料なら断熱性も高まってお家のデザイン性もアップします!」

などがあります。

 

悪徳業者は善良な営業マンを装って接触してきますので、上記のようないかにも怪しいセールストークであっても、外壁塗装について詳しくない方は騙されてしまうでしょう。

 

これから外壁塗装を控えている方は特に、セラミック塗料がどういうものかしっかり理解しておく必要があります。

■セラミック塗料に関するよくある誤解

以下から、セラミック塗料について多くの方が勘違いしやすい注意点を解説します。

1.セラミックは塗料のグレードとは関係ない

外壁塗装用の塗料には

  1. アクリル樹脂塗料
  2. ウレタン樹脂塗料
  3. シリコン樹脂塗料
  4. フッ素樹脂塗料

というグレードの違いがあります。(数字の順に耐久年数は長くなります)

 

ここで注意しておきたいのが、セラミックは塗料のグレードには関係がないということです。

つまり「セラミック塗料」とは、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料にセラミックが配合されたものという意味になります。

 

また、塗料には樹脂の違い以外に水性塗料、弱溶剤塗料、溶剤塗料という分類や、1液型、2液型などの違いもありますが、いずれもセラミックが含まれていれば外壁塗装においてはセラミック塗料と呼ばれます。

2.セラミック塗料なら長寿命とは限らない

セラミックはあくまで塗料に配合された成分ですので、塗料の寿命を左右する力はありません。

●耐久性を司るのはセラミックではなく主成分の樹脂

例えば、大手メーカーのエスケー化研は『セラミタウンマイルド』というセラミックが配合されたウレタン塗料を販売しています。

メーカーホームページにはこの塗料の耐用年数が6~8年と記載されていますが、これはセラミック非配合の通常のウレタン塗料と変わらない数値です。

同メーカーのセラミック配合のシリコン塗料『水性セラミシリコン』も、通常のシリコン塗料と同じ12~15年の耐用年数となっています。

 

このように、塗料の寿命はセラミックではなくベースとなる樹脂で決まります。

また、ベースの樹脂がなければ塗料は成り立ちませんのでセラミック配合量100%の塗料も存在しません。

そのため、もし訪問販売業者に、

  • 「セラミックが配合されているので大変長持ちします」
  • 「100%セラミックでできた塗料です」

と言われても絶対に信用しないようにしましょう。

■セラミック塗料の種類と効果

セラミック塗料にも、ただセラミックを配合しただけではなく、セラミックを配合することで特殊な効果を持たせているものもあります。

 

大きく分けると、

  • 「石材調」の見た目になるもの
  • 「断熱・遮熱効果」を持つもの
  • 「低汚染性」を発揮するもの

の3種類です。

1.石材調仕上げになるセラミック塗料

(画像はアペティーホームページより引用)

まるで天然の石をまぶしたような立体感のある仕上がりになるのが、各メーカーが販売している石材調仕上げのセラミック塗料です。

本物の石をまぶすと外壁が非常に重くなってしまいますが、こちらは石ではなく軽いセラミックの微粒子ですので塗装しても躯体に負荷をかけません。

ちなみに本物の天然石を砕いたものが配合されている天然石調塗料もあります。

 

外壁塗装ではスポンジに穴が空いたような砂骨ローラーで塗装する「ローラー工法」が主流ですが、よりごつごつしたリアルな石材調に仕上げるために「吹き付け工法」しか選択できない石材調セラミック塗料も存在します。

ただし吹きつけ工法はローラーよりも高い施工技術を必要としますので、施工実績が少ない業者には頼まない方がよいでしょう。

 

石材調仕上げのセラミック塗料を取り扱っている主なメーカー

メーカー名 商品名
山本窯業化工 『カラーセラミックス』シリーズなど
菊水化学工業 『キクスイスキンコート』、『キクスイグラストウォール』など
アペティー 『ラピス』、『アトモス』、『ヘリオス』など
エスケー化研 『エレガンストーン』、『グラニースタッコ』、『グラニパステル』、『サンドフレッシュSi』など
日本ペイント 『ジキトーン御影』、『ジキトーンセラローラー』など
関西ペイント 『アレスシリコンストーン』
その他・外壁塗装業者オリジナル塗料 『ウォームテクト』、『グランドテクト』(オンテックス

『フォーシーズン』、『サングラッセ』、『グラファイン』(新生ホームサービス

など

上記のようにエスケー化研などの大手メーカーも石材調仕上げができる塗料を販売しています。

石材調仕上げは非常に手間とお金がかかりますので、

  • 施工件数が多い(使用する塗装業者が多い)
  • インターネットなどで価格相場を調べられる
  • 老舗なので会社がなくなるリスクが低い

という理由から大手メーカーのものを使用することをおすすめします。

●石材調セラミック塗料は工程が多い

石材調仕上げでは、塗装の最後に透明の上塗材(トップコート)で表面を保護する工程が必須になっています。

この仕上げの工程を省略すると数年でボロボロとセラミックが剥がれ落ちてしまいます。

そのため石材調塗料はトップコートが不要な一般塗料に比べると工程数が多く、その分価格も高くなっています。

 

極端な例ですが、先ほど例に挙げた日本ペイントの『ジキトーン御影』の「複色仕上げ(江戸切り目地)」は、以下のように非常に多くの工程が行われます。

下地調整下塗り墨出し目地棒貼付捨吹き下吹き玉吹き戻し吹き目地取りサンダー目地棒貼付下吹き玉吹き戻し吹き目地取りサンダー目地仕上げ上塗り×2

これら全17工程を行ったときの㎡あたりの単価は17,890円と非常に高額になっています。

外壁塗装用塗料の中で最も価格相場が高いとされる光触媒塗料でも㎡あたりの単価は4,000~5,500円ですので、その3倍以上と考えるとどれだけ高額かおわかりいただけるかと思います。

その他の塗料の単価についてはこちらの記事でご確認いただけます

 

ローラーで施工できるため少ない工程で済む『ニッペジキトーンセラローラー』の「標準模様仕上げ」でも、

下塗り、中塗り×2、上塗り(透明仕上げ材)

という合計四回の重ね塗りが行われますので、5,280円/㎡とやはり高めの施工単価になります。

 

このように石材調仕上げのセラミック塗料を使った塗替えは、決して安い費用では行えません。

そのため質の悪いメーカーや技術力が低い業者に当たると、投じた高額なリフォーム費用が無駄になってしまい非常に危険です。

どのメーカーの塗料を使ってどの業者に頼んだとしても、石材調仕上げを選ぶときは見積もりの工程数を必ず確認しましょう。

 

大手メーカーやその他のメーカーに関係なく、石材調塗料を使うときは透明の塗料を上から塗る工程が必ず行われますので、少なくともこの工程を含めて見積もりを作ってくれる業者であればまずは安心できると言えます。

2.断熱効果を持つセラミック塗料『ガイナ』

日進産業のガイナは断熱・遮熱効果を持つ機能性塗料で、ガイナ専門の外壁塗装業者があるほど人気が高い塗料です。

 

ガイナ塗料には中が空洞になっている球体のセラミックビーズが含まれており、塗装すると塗膜表面に中空層を作ります。

そのため外壁や屋根、室内の壁・天井にガイナを塗ると、屋外と屋内で熱の移動を制限でき、暑さ・寒さを軽減させることができます。

 

耐用年数は約15~20年と塗料の中でも長い方で、断熱や遮熱効果以外にも防音効果や消臭効果などがセラミックビーズ層の力でもたらされます。

 

ただしせっかくガイナで塗装しても、塗装する下地の処理が甘いと塗膜がすぐに剥がれてしまい、断熱性や防音性はおろか外壁の保護効果も失われてしまうでしょう。

ガイナの効果を発揮するためには、下地処理や下塗り塗料選びを確実に行える施工業者を選ぶ必要があります。

●建物自体の断熱性能が低いと意味がない

ガイナには断熱効果がありますが、建物の断熱性を根本から向上させたいのであれば塗装以外の外装リフォームが必要です。

特に窓や玄関ドアなどの開口部の断熱性が低いと、どんなに外壁をガイナで塗装しても暖かい空気は開口部から逃げてしまいます。

 

塗材の効果に頼りすぎた結果、あまり効果が感じられない不満足なリフォームになってしまっては意味がありません。

ガイナを使った塗装に踏み切る前に、建物そのものの断熱性を図面などから計算して調べてもらうことをおすすめします。

塗料による断熱効果に関する記事はこちらをごらんください

3.低汚染性を発揮するセラミック塗料

大手塗料メーカー関西ペイントの『アレスセラレタン』『アレスセラフッソ』は特殊なセラミックビーズが配合されたセラミック塗料です。

 

この塗料は乾燥するとセラミック成分が塗膜表面に層を形成します。

セラミックの層には水分を非常に吸着しやすい「親水性」という性質があるため、雨水が外壁の汚れの下に入り込み外壁の汚れを洗い落として、結果的に汚れにくい外壁となります。

 

その他にも、大手メーカー・日本ペイントでも『ファイン4Fセラミック』やエスケー化研の『水性セラミシリコン』や『水性弾性セラミシリコン』というセラミック塗料を販売しており、これらも従来の塗膜に比べて高い低汚染性を持つと紹介されています。

 

このように、セラミック塗料はメーカーが違うだけでも意匠性や断熱性、低汚染性など全く異なる効果があります。

そのため、

  • 「全てのセラミック=低汚染性」
  • 「セラミック塗料ならどれも意匠性も上がって耐久性も高い」

と決めつけないようにし、悪質な業者の嘘に騙されないよう注意しましょう。

特に悪徳業者になるとほんのわずかなセラミックが入っているだけで「人気のセラミック塗料です!」「セラミック塗料なので低汚染性で長寿命です」などと言ってくる可能性が高くなります。

日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研という三大大手メーカーのセラミック塗料以外は、基本的に信用しない方が良いでしょう。

■おわりに

セラミックはあくまで塗料に配合されている成分であり、セラミックを配合したからといってすべての塗料が劇的に高性能になるわけではありません。

セラミック塗料は、意匠性の向上や断熱性向上といったリフォームの目的に合わせて選ぶことで真価を発揮します。

 

悪徳業者にセラミック塗料を勧められて不必要に高額な工事をしてしまわないように、しっかりセラミック塗料のメリット・デメリットを把握しておきましょう。

悪徳業者にだまされずに地元優良店を無料で探す秘訣

●全て無料で利用可能
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺では毎日200件以上のご相談をいただいており、その実績と経験からそれぞれのお客様にあった適切なアドバイスを無料で提供しております。リフォームで詐欺被害に遭う方、悩む方をなくしたく始めたサービスです。外壁塗装で不安なことが一つでもあれば遠慮なくご連絡ください。

良い外壁塗装選びは住まいの適切な相場を理解することから始まります。外壁塗装駆け込み寺では電話番号と延べ床面積を入力するだけであなたの街の外壁塗装のリフォーム相場を適正診断いたします。お手元に見積書があればそれも適正か診断します。

あなたの街の相場を適正診断!