ALCパネルの外壁塗装工事について、塗装の時期と塗装材料

ALCパネル(日本語名「軽量気泡コンクリートパネル」)とは、ALC外壁材いわゆるAutoclaved Lightweight Concrete(高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)を板状に整形したものを言います。

ここではALCパネルの特徴などについて考えて行きたいと思います。

ALCパネルの特徴

ALCパネルの種類は2つあり、下記のようなサイズで厚形と薄形に分かれます。

パネル種類 用途 厚さ サイズ 補強材
厚形パネル 鉄骨・鉄筋コンクリート造の耐火建築物 75mm以上 L=6000mm以下W=2400mm以下 金網状の鉄筋組み込み(特殊防錆処理)
薄形パネル 木造・鉄骨造の建築物 50~75mm未満 L=3000mm以下W=606mm以下 メタルラス(スチール製金網)
木造 35~37mm未満 L=3000mm以下W=606mm以下 メタルラス(スチール製金網)

※ 外壁用のALCパネルはデザイン的に優れたものも出てきています。

 

ALCパネルは無機質素材を用いて鉄筋を組んだ型枠に注入、造られた外壁材です。製造工程の中でオートクレーブ(高温高圧蒸気釜)により養生され、これによって強度と耐久性を持った製品となっております。

厳しい品質管理のもとに生産される工業化製品でJISの認証(JIS A 5416)を取得し、日本国内では現在『旭化成建材株式会社(商品名 ヘーベル)』『住友金属鉱山シポレックス株式会社(商品名 シポレックス)』『クリオン株式会社(商品名 クリオン)』 以上の3社が生産しています。

 

パネル内に金網状の鉄筋が組み込まれているために、パネル自体の強度はサイディングやモルタルよりもありますが、パネル表面は衝撃に弱いので取り扱いには注意が必要です。

断熱性、耐火性、遮音性に優れており、主に耐火建築物の外壁として使われることが多い材料ですが、水分を吸いやすく乾燥しやすいという特徴を持っています。そのために、塗装をしっかりと掛け防水性を持たせないと雨水等が外壁内部に侵入しやすくなり、剥落・劣化の促進につながります。

 

ALCパネルの安全性

ALCパネルはコンクリートに比べ、約1/4程度の軽い造りになっています。これは、ALCパネルの造りがパネルの内部に気泡を含ませた物となっているからです。軽くすることで建物に対する負荷を減らし、地震の影響を受けにくくします。

下記の表は地震予測図です。

全国を概観した地震動予測地図2008年版 地震調査研究推進本部地震調査委員会(2008

 

日本は4つのプレート上にあり、いつ大規模な地震が起きるかわからない状態です。

地震の影響を軽減することのできる建材は、安全性の面で一役買っています。

また、ALCパネルは耐火性にも優れており、国土交通省の認定を受けた法定不燃材料で、耐火構造の認定も取得しています。また、無機質の原料からつくられるため、万一の火災にもホルムアルデヒドなどの有毒なガスや煙を出すこともないために、環境にも配慮した材料となっています。

【ALCパネルの耐火構造、準耐火構造、防火構造の基準と認定番号】

耐火構造(厚形パネル75mm以上)の認定

部位 厚さ 性能 認定番号 認定名称
75㎜ 1時間耐火 例示仕様 平成12年告示1399号
間仕切 75㎜ 1時間耐火 例示仕様 平成12年告示1399号
屋根 75㎜ 30分耐火 例示仕様 平成12年告示1399号
100㎜ 1時間耐火 FP060FL-9119 ALCパネル
125㎜ 2時間耐火 FP120FL-9120 ALCパネル

耐火構造(薄形パネル 50mm以上)の認定

部位 厚さ 性能 認定番号 認定名称
50㎜ 1時間耐火 FP060NE-9293 ALCパネル外壁
間仕切り 50㎜ 1時間耐火 FP060BP-9012 両面ALCパネル張/間仕切壁
屋根 50㎜ 30分耐火 FP030RF-9320 ALCパネル屋根

準耐火構造の認定

部位 厚さ 性能 認定番号 認定名称
軒裏 35・37・50 mm 45分 QF045RS-9103 ALCパネル張/木製軸組下地・鉄骨下地軒裏
1時間 QF060RS-9104 ALCパネル張/木造下地・鉄骨下地軒裏
外壁 35・37・50 mm 45分 QF045BE-9207 両面ALCパネル張/木製軸組造・鉄骨造外壁
1時間 QF060BE-9208 両面ALCパネル張/木造・鉄骨造外壁
1時間 QF060BE-0082 ALCパネル表張/強化せっこうボード裏張/木製軸組造外壁

防火構造の認定

部位 厚さ 性能 認定番号 認定名称
外壁 50 30分 PC030NE-9080 ALCパネル張/軽量鉄骨下地外壁
35・37 30分 PC030BE-9189 ALCパネル張/木造外壁
50 30分 PC030NE-9081 ALCパネル張/木造外壁
35・37 30分 PC030BE-0181 仕上塗装材ALCパネル張/木製軸組造外壁
30分 PC030BE-0182 仕上塗装材ALCパネル張/木製軸組造外壁
35・37・50 30分 PC030BE-0882 仕上塗材塗ALC パネル張木造軸組造外壁
30分 PC030BE-0883 仕上塗材塗ALC パネル・木質系ボード張木造軸組造外壁
外壁 35・37・50 30分 PC030BE-0884 仕上塗材塗ALC パネル・セメント板張/木造軸組造外壁
30分 PC030BE-0885 仕上塗材塗ALC パネル・せっこうボード張/木造軸組造外壁
30分 PC030BE-0886 仕上塗材塗ALC パネル・火山性ガラス質複層板張/木造軸組造外壁
30分 PC030BE-0887 仕上塗材塗ALC パネル張/木製軸組造外壁
30分 PC030BE-0888 仕上塗材塗ALC パネル・木質系ボード張/木製軸組造外壁
30分 PC030BE-0889 仕上塗材塗ALC パネル・セメント板張/木製軸組造外壁
30分 PC030BE-0890 仕上塗材塗ALC パネル・せっこうボード張/木製軸組造外壁
30分 PC030BE-0891 仕上塗材塗ALC パネル・火山性ガラス質複層板張/木製軸組造外壁

※ 補足ですが、建物を耐火構造にするには、出入隅部に充填する目地材やシーリング等も耐火構造認定を取得したものを使用しなければなりません。

(耐火目地充填材としては「ファイアガードALシール(イソライト工業株式会社)」「スーパーウール(新日本サーマルセラミックス株式会社)」等があります。

【ALCパネルの断熱性】

ALCパネルは下記の表にあるように、熱の伝導率が低く熱抵抗値で比較すると抵抗率が高いので、他の外壁材の断熱性能に比べて優れていることがお分かりいただけると思います。

数値で見ると、コンクリートやモルタルの約26倍、サイディングの約4倍の熱抵抗率を持っているため、外気温の影響を受けにくくなります。そのために冷暖房費を節約でき、エネルギーの消費を抑制することができます。

また、建物内の温度差がなくなるために結露を防止するメリットもあります。

・熱抵抗値の比較(計算値)

外壁部材 ALCパネル モルタル サイディング
A.厚さ(mm) 50 16 15
B.熱伝導率(W/mk) 0.174 1.500 0.200
A/B=熱抵抗値(m2K/W) 0.287 0.011 0.075

熱伝導率:値が小さいほど熱が伝わりにくい。
熱抵抗値:値が大きいほど熱を遮断できる。(断熱性が良い。

その他には、ALCパネルは、水分を吸いやすく乾燥しやすいという特徴を持っています。そのために、塗装をしっかりと掛け防水性を持たせないと雨水等が外壁内部に侵入しやすくなり、剥落・劣化の促進につながります。

ALC外壁の塗装の時期

ALC外壁の塗り替え時期の判断の目安として、「チョーキング(表面塗膜が劣化し塗料の防水効果が切れた時に発生。手でこすると白い粉状の汚れがつく。)」「変色・退色(経年劣化)」「ヘアクラック」「カビ・コケの発生」「クラック」「塗膜の膨れ」「塗膜の剥がれ」「欠損・爆裂」等があります。

以上のような劣化症状が見られるようになったら、塗り替えをご検討下さい。

また、新築時のALC外壁塗装が安価に済ませられていることがあります。その場合には新築から6~7年、少なくとも10年程度での塗替えをオススメいたします。表面の気泡の穴が埋められていない場合がありますので、点検の際にはご注意下さい。

ALC外壁に適した塗装材料

シーリング材

ALCパネルは構造上、ALC内部にたくさんの穴(多孔質)があります。そこに水が侵入すると内部の金網状の鉄筋が錆びてしまいます。

そこで、水の浸入を防ぐためにパネルとパネルを繋ぐのが防水機能を持ったシーリング材です。

シーリング材はサッシ廻りにも使われます。役10年ほどの耐久性を持っていますが、年数が経つと固くなり防水機能もなくなりますので、外壁を塗り替える際にはシーリング材も一緒に処理をします。

シーリングがALCパネルの断面から剥がれている場合は既存シーリング材撤去を行い、打ち直しします。しかし、築10年程度であれば上からシーリングを充填する増し打ちで十分でしょう。打ち直しか増し打ちかは現況を見て判断します。

シーリング材は可塑剤が配合されていないものを選んで下さい。シーリング材に可塑剤が含まれていると表面に粘り気があるので汚れがつきやすくなり、数年で塗装面が黒くなってしまうでしょう。

下塗材

現状の塗膜に重大な割れや剥がれがなければ、一般的に使用されるフィラー(セメント系)で大丈夫です。微弾性のフィラーやウレタン系のシーラーを使用しても問題はないでしょう。

下地や現状の塗膜・壁面にひび割れが入っている場合には、微弾性フィラーを使用します。ひび割れの程度によって微弾性フィラーを厚塗りすると、クラック遮蔽性と防水効果を高める効果があります。

ただし、既存塗膜が弾性吹付けタイルなど高弾性系の塗料の場合には、塗膜が熱により柔らかくなり膨張して膨れるという現象、いわゆる「膨れ」「熱膨れ」が起き、新しく塗装した部分までも剥離する現象を起こしやすくなるので、既存の弾性系吹付けタイルを全て撤去する必要があります。

上塗材

下塗り剤を塗布したあとに、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素等の塗料を塗布します。

一般的に多く使用されるのが水性シリコン系塗料、または水性ハルス系塗料で2回塗りを行います。

 

ALCパネルの特徴を生かし、現在の外壁の状況に合わせた塗装を行うことで、外壁の耐久性を伸ばし、快適な生活をおくって下さい。

悪徳業者にだまされずに地元優良店を無料で探す秘訣

●全て無料で利用可能
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺では毎日200件以上のご相談をいただいており、その実績と経験からそれぞれのお客様にあった適切なアドバイスを無料で提供しております。リフォームで詐欺被害に遭う方、悩む方をなくしたく始めたサービスです。外壁塗装で不安なことが一つでもあれば遠慮なくご連絡ください。

良い外壁塗装選びは住まいの適切な相場を理解することから始まります。外壁塗装駆け込み寺では電話番号と延べ床面積を入力するだけであなたの街の外壁塗装のリフォーム相場を適正診断いたします。お手元に見積書があればそれも適正か診断します。

あなたの街の相場を適正診断!