外壁塗装リフォームを行う目安の症状と適した季節について

新築住宅やビルなどをはじめとする建物を建設するにあたって、なくてはならないのが外壁塗装。

風雨や紫外線をはじめ、そこに暮らす人々をさまざまなものから守ってくれる建物を、より高い耐久性を持たせるために必要不可欠なのです。

でも、外壁塗装は一度塗ったら永久的に効果が持続する…というものではありません。

そこで、どれくらいのスパンで塗り直しが必要なのか、そのときにどれくらいの費用がかかってしまうのかなど、外壁塗装の気になるポイントをチェックしていきましょう。

外壁塗装を考えたら

toryou

一口に外壁塗装…とは言っても、各塗料メーカーより販売されている塗料は、実にさまざまな種類が存在しています。

それぞれ耐用年数や防水性といった性能が違いますし、もちろん価格にも大きな差がついてくるので、大切なお家を守るためにもじっくりと選んで外壁リフォームを行いたいものですね。

また、屋根材や外壁材として使われる塗料は防水効果が高いものをはじめ、やはり性能が良いと言われているものを使った方が、のちのち何度も塗り直すという必要や手間が省けるためコスト面でも優秀です。

外壁塗装を塗り直すだけで塗膜(塗料によって出来た膜)によって直射日光や風雨から住宅を守ることができるため、結果的に冷暖房費が安くなったりというメリットも生まれます。

メンテナンスのしやすさ、耐久性、塗装費用、塗装面積、老朽化している症状によって、最適な塗料を選んで行きましょう。

外壁塗装を行う症状やサインをチェックしよう

まずは、外壁塗装がどんな状態になると塗り直しのサインなのかを見ていきましょう。

チョーキング現象とは?

2014-09-17 16.20.45a

白い壁を触ったときに、さらさらとした細かい粉が手についた経験はありませんか?

実はこれ「チョーキング現象」と呼ばれるもので、紫外線や直射日光、風雨などが原因で塗装の表面が劣化して起こるもの。まるでチョークの粉のようになってしまうことから、チョーキング現象と呼ばれるようになったんだとか。

これを放置していると、だんだんひび割れが起こってしまったり外壁にカビが生えてしまうという恐れもあります。

チョーキング現象といった塗膜劣化現象は誰でもチェックしやすく、外壁塗装を塗り直すひとつのサインになりますので、覚えておくと良いでしょう。この現象が見られた場合、劣化の進行度があまり進まないうちにリフォーム会社などの専門家に一度相談した方が良いでしょう(外壁塗装駆け込み寺でも無料で塗装業者や専門家をご紹介いたします)。

チョーキング現象以外にも、壁表面のひび割れも放置していてはいけません。

ひび割れ(クラック)も放っておけない!

DSC_9147

ひび割れた隙間から雨が入り込むことによってカビ・サビなどの原因にもなるほか、見た目はもちろん強度にも問題が発生してしまいますのでご注意を。放っておけば内部の断熱材などにまで腐食が及んでしまいます。

ひび割れは外壁塗装が劣化しているという大きなサインですから、どんどん劣化が進行してしまいますので早急に対策を講じる必要性があります。

そして、こういったひび割れやカビ・サビを放置していると、さらに外壁が腐食してしまいます。

直射日光にさらされる・雨風に当たってしまう…ということを繰り返していると、あっという間に腐食や劣化は進行してしまい構造体の寿命を縮めてしまいますので、早めにリフォーム業者などに依頼して塗装工事を行いたいものです。

雨漏りが最も危険!

ame

そして、もっとも重大なのが雨漏りです。

雨漏りしているということは、劣化進行度がかなり進み、屋根塗装が完全に機能していないと言っても過言ではありませんし、ひび割れなど雨が入り込んでくる部分があるということになります。

早急に対策をしなければ、カビやサビはもちろん構造劣化によって天井が腐食してしまって家全体に影響を及ぼす可能性もありますので、早めに専門業者に相談して屋根塗装をしましょう

外壁塗装駆け込み寺では雨漏りをしないような塗装リフォームが得意な地元優良業者を無料でお探ししております。お気軽にご利用ください。

外壁が汚れてきたら・・・

2014-09-24 10.51.25

また、それだけでなく単純に「外壁が汚れてきたな…」とパッと見て感じるようになったら、塗り替えても良いのではないでしょうか。

もちろん、高圧洗浄機などを利用して汚れを掃除することができれば良いのですが、10年ほど経つとなかなか汚れも落ちませんので、そういったときも外壁塗装工事を行うひとつのサインとなります。

こういった外壁塗装の劣化サインを見逃さないように、できるだけ日常的に目視でかまいませんので点検を行っておくと良いでしょう。

部位別!外壁塗装のススメ

iedamage

外壁塗装を行う上での具体的な目安とは、いったいどれくらいなのでしょうか。

外壁だけが気になる…という場合でも、できるだけ屋根など他の場所も一緒に塗装工事を行うことをおススメします。

なぜかと言うと、やはり同時に外壁塗装を行うことで次のメンテナンス時期も同時になりますから手間が省けます。さらに、足場を組んで工事をする…という工程が一度で済むので、塗装工賃も安くすませることができるようになります。手間や費用のことを考えるのはもちろん、建物の美観もキープすることができます。

また、新しく塗り直す際にどのような色にしようか色選びに迷うところです。色見本で見た時よりも実際に塗装してみると色が白っぽく、薄い色に思えます。

同じ色でも塗る面積が大きくなると明度や彩度を高く見えるのです。これを「面積効果」といいます。塗装に使用する色は考えているよりも少し濃い目の色を選んだ方が想像したイメージに近いかもしれません。

色の選び方がわからない、絶対失敗したくないという方は「絶対に失敗しない色の選び方」をお読みいただくか、外壁塗装駆け込み寺に直接ご相談ください(相談も利用も無料です)。

屋根塗装には出来るだけ耐久性が高い塗料を使うべき

gaiheki018

出来るだけ安く外壁塗装を行いたいという場合は非常にリーズナブルなアクリル塗料がありますが、屋根の塗装には一般的には利用されません。リーズナブルな一方で耐用年数も短く、性能に関しても低いからです。

一般的な塗料としては、アクリル塗料・アクリルシリコン樹脂系塗料(シリコン塗料)・ウレタン塗料・フッ素塗料・塗料自体に断熱・遮熱などの効果があるガイナやミラクールといった断熱塗料などの種類があります。

屋根はもっとも日光を浴び、さらに雨を受ける場所でもありますので、できるだけ性能の高い塗料を使いたいものです。

しかし、やはり性能が高いということはそれだけ費用もかかってきますので、バランスが良いと言われている「シリコン塗料」「ラジカル制御型塗料」がおススメです。また、家で使用する冷暖房費など光熱費のランニングコストを考えて、断熱塗料を使う…というのもオススメです。

塗り替えのときの費用は確かにかかってしまいますが、耐用年数も15年以上となっているのでメンテナンスの手間も大きく省くことができます。さらに、冷暖房費を抑えることもできるのでコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

最近では、エコ発電の観点から屋根に太陽光パネルをご希望される施主様もいらっしゃいます。なるべくなら、屋根塗装や補修は太陽光パネル設置の前にしっかりやっておいた方が後のメンテナンスに頭を悩ます心配が少なくなります。

外壁塗装にはバランスがとれたシリコン塗料がオススメ

gaiheki016

全体的な塗装であれば、やはり費用と効果・耐久性のバランスに優れたシリコン塗料がおススメ。ちょっとしたひび割れなどであればさらに費用がかからないウレタン塗料でも良いでしょう。

住宅リフォームの中心的存在である外壁塗装は屋根塗装や雨戸塗装などと比べてもっとも面積が大きいですから、それだけ費用もかかってしまいます。ランニングコストを考えると防水性能などの高いフッ素樹脂塗料や断熱塗料でも良いと思いますが、できるだけ安く済ませたい…と考えるならば、耐久性やメンテナンスのことを考慮してシリコン塗料を使うと良いでしょう(それ以上安いアクリル塗料、ウレタン塗料は寿命が短いためオススメできません)。

最近では外壁に窯業系サイディングボードや金属サイディングボードを選択される方が多く、サイディングは主に出荷時の塗装によって防水効果を保っており劣化によりその機能が低下すると、サイディングの素材自体が損傷しかねません。塗膜劣化が見られた場合は塗替えなど早めの対応をおすすめします。

サイディングの劣化状況によっては、塗り替えではなく既存のサイディングの上から新しい製品を貼るカバー工法といった施工で補修する場合もあります。さらに損傷が激しい場合は既存のものを撤去して新しいものに張り替える必要があります。

雨戸塗装

syatta

雨戸の塗装も、屋根や外壁同様に同時に行うことをおススメします。

雨戸といった鉄部のあるものはサビや塗装のはがれが目立つ部分ですから、少しでも劣化しているようであれば外壁塗装などと同時に塗装工事を行う方が手間もかからず良いでしょう。色を統一することもでき、美しい仕上がりにもなります。

ドア塗装

door

意外と盲点なのが、ドアです。

玄関は毎日誰かが使うところですし、出かけるとき・帰ってくるときなど気持ちを切り替えるときに利用するところでもありますよね。そんなドアの塗装がはがれてボロボロになってしまっていたら…気分も下がってしまうと思いませんか?

ドアの塗装は、外と家の中との寒暖差によって起こる結露などが原因ではがれてしまいます。また、お子さんがいらっしゃるところでは足でガンガンと蹴ってしまって衝撃を与えることでも塗装のはがれのきっかけとなります。

玄関ドアの塗装は外壁や屋根などの塗装とは別物で、高い技術が必要です。詳しくはこちらの「玄関ドア塗装」の記事をご覧ください。

素材別!外壁塗装のススメ

外壁塗装には、前述にもありましたようにいろいろな種類の塗料が使われます。

安さ・性能のどちらを見ても、アクリル樹脂系塗料・ウレタン樹脂系塗料・シリコン樹脂系塗料・フッ素樹脂系塗料・断熱塗料…という順番になっていきます。そして、これらの塗料は大きく分けると溶剤塗料と水性塗料があります。溶剤塗料はシンナーといった有機溶剤で塗料材料を希釈するのに対し、水性塗料は水で希釈します。

アクリル塗料はもっともリーズナブルな塗料ですが、耐久年数も5年未満と短いので何度も塗り直しが必要になってきます。そういったことを考えると、やはりシリコン塗料や断熱塗料といった耐久年数も長期である塗料がおススメです。

外壁塗装用塗料の詳しい説明はこちらをご覧ください

kakakuimage

室内リフォーム

お住まいの外装リフォームに合わせてこの際、古さが気になるキッチンや室内リフォームも一緒やってしまった方が個別に行うよりも二重手間リフォームによる無駄をなくすことができます。外壁塗装業者の中には内装工事も得意な業者が数多く存在します。

室内の経年劣化にお悩みなら、浴室リフォームやキッチンリフォームもまとめて行い面倒な工事を一度で済ませることで後々の金銭的な損を防ぐことができます。

下記サイト等はリフォームのイメージをつかむのに役立つ情報が豊富に記載されています。気になる関連記事や見積もり事例を今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

AllAboutお家のお悩み解消術等、リフォームに関するプロの意見を聞くことができます。床材や断熱材関連まとめ情報など幅広い項目を網羅しています。

リフォーム会社紹介サイトホームプロでは日本全国の各地域別の施工事例を検索できます。東京、神奈川、埼玉、千葉をはじめとする首都圏の情報から、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、北海道といった大都市圏まで幅広い施工事例等、お役立の知識が満載です。

また、Yahoo!知恵袋なども回答日時別にリフォームなどの様々な情報が収集できますので、活用してみてはいかがでしょうか。

当サイト外壁塗装駆け込み寺でも外壁塗装に関する事や、内装工事に強い優良リフォーム業者を無料でご案内しておりますので、ご利用ください。

1年のうちで外壁塗装に適した季節はいつ?

一番の塗装シーズンは春!

業界では「春は塗装シーズン」と言われています。なぜ春が塗装向きなのかというと、湿度が低いため塗料が乾きやすく、気温も高すぎず低すぎず、職人さんが外で作業しやすい条件の揃った時期だからです。

また、外壁の塗装時には、家のまわりに足場を建てて飛散防止ネットを張るのですが、これによって家の中が日陰になってしまいます。少なからず独特の匂いもあり、工事期間中は窓を閉め切って生活することになりますので、洗濯物も室内干しを余儀なくされ特に女性にとっては不自由が多いです。

気候の良い春は、施工業者にとってもお客様にとっても、工事向きの季節だと言えます。

《春以外のシーズンのメリット・デメリット》

梅雨

塗装には問題ありませんが、雨の日は工事ができないため、工期が長引く可能性があります。

窓を開けることができなことが心配されますが、気温が高いため塗料の乾きがはやく、伸びもいいので作業がはやく進みます。お盆までに、という工事のご依頼が多く、8月前半は依頼が集中します。

空気が乾燥し塗料が乾きやすく、春と変わらずストレスなく工事のできる季節です。ただし、台風シーズンでもあり、天候が不安定で工期が延びやすいです。

その反面、外壁や屋根の劣化・シーリング(コーキング)切れが雨漏りによって発覚し、工事のご依頼も増えます(窓周りの劣化素材であるシーリング切れは、台風の横殴りの雨で発覚する、ということが多くあります)。

劣化したシーリングは、新たにシーリング材(コーキング材)を充填するなどして補修する必要があるため、外装リフォーム業者などにシーリング工事(コーキング工事)を依頼する必要があります。

落ち葉による雨どいの詰まり掃除や交換、雨戸や面格子の修繕といった他の工事のご依頼も増えますので、業者側としては1年で一番忙しい時期だと思います。

空気が乾燥しているので塗料の定着がよく、窓を閉め切っていても支障がない、というのがメリットです。

日照時間が短いため、他の季節に比べて作業できる時間が短くなってしまいます。気温や霜、積雪の影響で作業が難しくなることもあります。クリスマスや年末年始に人が集まる前に済ませたい、とのことで10月頃から年末に合わせたこの時期は繁忙期並みに工事が増加します。

外壁塗装シーズンのまとめ

こう見ると、春以外の工事は難しいように思われるかもしれませんが、天気によって工期が左右されるという点ではどの季節も同じです。

現在よく使われている外壁塗装用の塗料は、温度や湿気等の季節による条件に合わせて使用方法を守れば、問題なくきれいに塗装することができます。そのため、寒冷地を除き、季節を問わず1年中施工可能と言えます。塗装した時期によって耐久性が大きく変わるということもありません。

建坪30坪~40坪程の一般的な住宅において、おおよそ2週間という長い工期となりますので、ご家族のご都合によって決めていただくのが一番おすすめです。

外壁塗装をするにあたって、下準備もしておこう

lp07

外壁塗装をする…とは言っても、実は意外と手がかかってしまうものなのです。

外装の塗替えは世の男性たちが趣味で行う日曜大工のようにペンキをペタペタ塗る…というだけではありません。屋根や外壁は高さがありますからまずは足場を組むところからはじまります。この足場の設置一つとっても専門的な技術を必要とします。

足場設置が完了したら次に塗装する場所を高圧洗浄できれいにして、お住まいの劣化状況を確認しながら下地処理をしていきます。ここで汚れやサビ・カビなどをしっかり落としておかないと、再びサビ・カビが復活してしまいます。そして下塗り材を塗り、塗装に入ります。

塗装は一般的に下塗り、中塗り、上塗りの3回塗りが基本です。

必要であれば屋根や外壁以外にも、雨どいや雨戸などにも塗装を行っていき、やっと完了となります。

ライフイベントといってもよい外壁塗装はなかなかしょっちゅう塗り直す…というものではありませんから、信頼できる施工業者に依頼するようにしましょう。そのためには、事前に口コミなどをある程度チェックしてから適正価格をきちんと知ったうえで依頼すると失敗も少なくなるでしょう。打ち合わせ前にチェック項目を洗い出しておくと業者側との話もスムーズに進みます。

下請け業者に仕事を任せて自社施工をしない会社などに依頼した場合、下請けへの中間マージンが上乗せされて見積もりが高額料金になっている事例があります。依頼先の業者があまりに法外な額を提示した時は、即答はせずに複数社から見積もりをとるなどしてきちんと検討しましょう。

業者選びは時間をかけてじっくりと行い、メンテナンスのしやすさ、耐久性や耐用年数などをきちんと教えてくれるほか、適正価格での見積もりをきちんと出してくれるプロの職人を抱えた信頼できる施工会社や工務店など、納得のいく業者を探しましょう。

一般的に住宅平均寿命は約30年前後と言われています。経年劣化によるお住まいの傷みがどの程度進行しているのか気になる場合は、住宅の全体的な調査を行う劣化診断を行ってくれる会社もあります。機会があれば一度、診断を依頼しみてはいかがでしょうか。

外壁塗装の一括見積もりサイト外壁塗装駆け込み寺なら、お住まいの不具合について専門的なアドバイスができる優良業者を多数ご紹介できます。是非、お気軽にご相談下さい。

悪徳業者にだまされずに地元優良店を無料で探す秘訣

●全て無料で利用可能
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺では毎日200件以上のご相談をいただいており、その実績と経験からそれぞれのお客様にあった適切なアドバイスを無料で提供しております。リフォームで詐欺被害に遭う方、悩む方をなくしたく始めたサービスです。外壁塗装で不安なことが一つでもあれば遠慮なくご連絡ください。

良い外壁塗装選びは住まいの適切な相場を理解することから始まります。外壁塗装駆け込み寺では電話番号と延べ床面積を入力するだけであなたの街の外壁塗装のリフォーム相場を適正診断いたします。お手元に見積書があればそれも適正か診断します。

あなたの街の相場を適正診断!