喘息の人がいても外壁塗装は行える?

家族に喘息(ぜんそく)を患っている人がいて、外壁塗装をしても悪影響がないかご心配な方もいらっしゃるかもしれません。

 

外壁塗装は屋外で行われますので家の中にいれば安全なように思えますが、工事中の飛散物や使用する塗料が呼吸器系に影響を与える恐れがあるため、前もって対策しておかなければなりません。

 

この記事では外壁塗装と喘息の関連性と、ご家族に喘息を患っている方がいるとき知っておきたい工事前の対処法などについてご紹介します。

■外壁塗装が喘息を悪化させることがある

外壁塗装という工事では、外壁表面の汚れを取り除いたあと塗料を外壁表面に塗装して家を保護する作業が行われます。

 

この一連の作業の中に、喘息を悪化させる可能性を持つものが複数存在します。

1.外壁表面の汚れが呼吸器系に影響を与える

外壁塗装では塗料を塗る前に外壁や屋根の状態を整えます。

 

まず「高圧洗浄作業」で外装表面に付いている汚れを落とし、塗料が付着しやすい状態を作ります。

次に「下地調整作業」で外壁や屋根のひび割れや高圧洗浄でも除去できなかった異物を取り除き、塗装しやすい下地を作ります。

 

高圧洗浄作業では汚れが水で洗い流されますので周囲にもくもくと汚れの粉が立ち上がることはありません。

しかし下地調整作業では外壁や屋根の表面をヤスリや工具で削ることがあり、このときに風にのって粉がまう恐れがあります。

 

また外壁塗装工事中は建物の周りが足場と養生ネットに囲まれて換気が行いづらい状態になります。

そのため汚れが建物周りにたちこめやすく、呼吸器系に疾患のある方はできるだけ外出を控えた方が望ましいでしょう。

2.塗装で使用する塗料が悪影響を及ぼす

外壁塗装で使用する塗料は基本的に安全規格をクリアしたものばかりです。

数年前にシックハウス症候群による健康被害が問題視されたことをきっかけにホルムアルデヒドなどの危険な建材が徐々に規制対象となり、現在使われている建材はより安全なものばかりになっています。

そのため通常は塗料を使っただけで人体に重大な悪影響を及ぼすことはありませんが、すべての人に何の影響も出ないとは限らないため油断はできません。

 

小さなお子様が使う絵の具と違って、外壁塗装用の塗料には様々な化学物質が多く配合されています。

実際に塗装工事中に作業員が有機溶剤中毒になって倒れた事故も報告されているため、塗料の取り扱いは細心の注意を払わなければなりません。

■なぜ塗料が喘息に悪影響を及ぼすのか

喘息とは慢性的な気道の炎症のことです。

喘息を患っている人はわずかな刺激でも咳や呼吸困難などの発作が起きてしまうため、空気中に汚れや菌が多い場所には近づかないなど日常的に注意を払っているはずです。

 

先ほど挙げた「下地調整作業中の塵やホコリ」などについては、工事音を聴いただけでも危険と判断できるため喘息持ちの方は近づこうとはしないでしょう。

 

しかし外壁塗装の塗料が喘息と関係性があるとは気づきにくいため、うっかり工事中に塗料の臭いを吸い込むと重大な症状を引き起こす恐れがあります。

 

塗装工事を業者に依頼する前に、塗料の臭いが喘息に悪影響を及ぼすメカニズムについて知っておきましょう。

1.取り扱いに注意が必要な有機溶剤

塗料には「溶剤系塗料(油性塗料)」と呼ばれる種類があります。

この溶剤塗料の薄め液として使われるのが「シンナー」で、トルエン、キシレン、エチルベンゼンなどの有機化合物が含まれ強いにおいを発生させます。

 

シンナーは強い刺激臭と中枢神経麻痺作用を持っている有害物質で、大量に吸い込むと以下のような症状が現れます。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 倦怠感
  • 幻覚、妄想、意識喪失
  • 呼吸困難
  • 泥酔状態

 

上記のようにシンナーは人体にとって危険な症状を引き起こし、喘息の原因物質でもあります。

しかしシンナーは工事を行ううえでは使用を避けられない材料のひとつです。

 

そのためシンナーなどの有機溶剤を含む塗料を使用するときは、現場に「有機溶剤作業主任者」を必ず起き、濃度測定や健康診断を実施し、皮膚に触れたり吸い込んだりしないように防毒マスクを装着するよう厚生労働省より定められています

2.水性塗料と溶剤系塗料

塗料のタイプは溶剤系塗料だけではありません。

シンナーなどの有機溶剤ではなく、水を主成分としている「水性塗料」もあります。

 

水性塗料は真水で薄めて使用できるため、塗装時にシンナーの強い刺激臭を伴いません。

そのため各塗料メーカーも水性塗料の開発に積極的になっており、戸建て住宅の外壁塗装では水性塗料が使われるようになりました。

 

また溶剤系塗料は「主材」と「硬化材」の2種類の缶に分かれているタイプが多く、現場で混ぜて使用します。

このように2種類の缶に分かれている塗料は「2液型タイプ」と呼ばれます。

 

一方、水性塗料は1つの缶だけで使える「1液型タイプ」ですので現場に持ち込む塗料缶の数も少なく、安全性と使いやすさの両面で工事業者側からも支持されて現場で使われることが多くなりました。

3.水性塗料=絶対安全ではない

水性塗料を使ったからといって、まったく塗料の臭いがなくなるわけではありません。

もし喘息持ちの家族がいることを塗装業者に相談して「水性塗料を使うので大丈夫ですよ」と言われても安心してしまわないように注意しましょう。

 

また水性塗料は溶剤系塗料に比べるとやや耐久性が低く、鉄部などの金属に塗装してもはじかれてしまうというデメリットがあります。

そのため外壁は水性塗料で塗装できても、金属系の雨樋は溶剤系塗料で塗装しなければならないなど溶剤系塗料の使用を避けられない現場もあります。

 

特に近年は臭いが少ない水性塗料の使用を希望する人が多いため、「喘息を患っている家族がいる」ということを業者に伝えていなければ、「臭いを減らしたいだけ」と思われて知らぬ間に部分的な塗装に溶剤系塗料を使われてしまう恐れがあります。

 

施工業者との打ち合わせでは必ず呼吸器系に疾患を持つ家族がいることを伝え、やむを得ず溶剤系塗料を使う必要がある場合は使用する前に必ず知らせてもらうなどの配慮が必要です。

■喘息の家族がいる家で外壁塗装を行う方法

外壁塗装工事は喘息を患っている方がいるご家庭にとって、様々な危険性を孕んでいます。

とはいえ外壁の塗装は約10年前後で劣化してしますので、放置すれば外壁や屋根自体が劣化して雨漏りや躯体の耐久性低下などに繋がってしまいます。

 

家に住み続ける限り必ず実施しなければならない外壁塗装を喘息の方に配慮して実施するためには、以下の方法などで対策を講じておきましょう。

1.工事期間中だけ避難する

外壁塗装中に喘息の方が安全に過ごす最も効果的な方法は、工事期間中だけ避難することです。

 

外壁塗装工事の全工程が終わるまでは約2週間の施工期間を要します。

その間、ウィークリーマンションや親戚の家を仮住まいにするなどして、塗装が行われる建物から離れておくとよいでしょう。

 

また屋外で行われる外壁塗装工事は、施主が在宅していなくてもほとんどの作業を進めることができます。

施主が在宅していなければならない日を事前に塗装業者から教えてもらい、その予定に合わせて仮住まいを探すとよいでしょう。

●仮住まいの費用も必要経費と考える

「なぜ外壁塗装のためにわざわざホテルに泊まらなければならないのか」と思ってしまう方も多いかもしれません。

確かに仮住まいを用意するとなると泊めてくれる親戚や知人を探さなければならず、ウィークリーマンションを利用した場合も20万円前後の費用がかかり、通勤や通学も一時的に不便になってしまいます。

 

しかし家一棟の建て替えリフォームを行うときと比べるとどうでしょうか。

建て替え工事中は在宅できませんので仮住まいは絶対に必要になり、さらに建て替えのためには700~1,000万円の工事費用がかかります。

 

それに比べると外壁塗装の工事費用相場は70~90万円ですので、建て替えなどの規模が大きな住宅リフォームに比べれば少ない費用で工事が行えます。

 

何より、大切なご家族の健康被害を避けるためと考えれば、仮住まいの費用も外壁塗装に必要な経費のひとつと考えることができます。

 

「塗装の臭いくらい問題ない」と油断したばかりに症状が深刻になった時では遅すぎますので、仮住まいの選択肢も視野に入れておくことをおすすめします。

2.在宅しなければならないときの対処法

「工事期間中どうしても家を離れることができない」「仮住まいが用意できない」という方ももちろんいらっしゃいます。

そのようなときは在宅でもできる方法で塗装の臭いから身を守らなければなりません。

●マスクを入手しておく

有機溶剤を使用する作業員は必ず防護マスクを装着し、臭いが目・鼻・口から入らないようにガードしています。

本格的な防毒マスクを用意すると1,500~5,000円になりますが、仮住まいよりは低予算で行える臭い対策と言えます。

 

家事を行いながら防護マスクを24時間装着するのは大変ですので、市販の布マスクも併用すると良いでしょう。

●塗装作業期間だけ避難する

もし「避難したいけど2週間も家を空けるのは難しい」という事情があれば、塗装作業期間中に限定して建物から避難するという方法もあります。

 

約2週間におよぶ外壁塗装工事期間のうち、塗装作業が行われるのは6~10日間です。

塗装は3回の重ね塗りを経て行われ、さらに1工程ごとに24時間以上の乾燥時間が設けなければなりません。

 

外壁の塗装作業の流れ

  • 下塗り×1…1日
  • 下塗りの乾燥…1日
  • 中塗り×1…1日
  • 中塗りの乾燥…1日
  • 上塗り×1…1日
  • 上塗りの乾燥…1日

ちなみに下塗りとは仕上げ用塗料が外壁に密着するように下地材を塗布する工程のことです。

中塗りと上塗りでは同じ仕上げ用塗料が使われ、2回重ね塗りすることで丈夫な塗膜を作っていきます。

 

外壁だけでも最低6日は必要ですが、途中で雨が降ったり台風が接近したりすれば日数が延びることもあります。

また屋根のほか雨樋、雨戸などの付帯部も塗装すれば一週間以上の塗装作業期間となり、外壁下地の劣化が激しい時は下塗りが2回行われて作業日数も長くなります。

 

塗装のスケジュールは現場の状態によって変動しますので、塗装期間中に外出する場合はあらかじめ施工業者に塗装予定日を相談しておきましょう。

■おわりに

外壁塗装工事は場合によっては喘息の症状を引き起こしたり、重症化させたりすることもあるため、工事前にしっかり対策しておくことが肝心です。

 

特に溶剤系塗料を使うときは建物の周りだけでなく室内にも刺激臭がたちこめますので、気管支が弱い方が長期間滞在するのは避けた方が無難です。

 

施工する業者には家族に喘息を患っている人がいることを必ず伝え、症状を悪化させない工事プランを考えてもらいましょう。

地元優良店を無料でご紹介いたします!

外壁塗装駆け込み寺では、上記の業者はもちろん、その他にも多数の優良業者と提携しています。上記からお選びになる場合は、業者名をおっしゃっていただくとスムーズですので、ご利用ください。

業者は徹底的に厳選しており、失敗しない工事、長年美観を保つ工事が可能です。

●全て無料で利用可能
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

無料紹介ご希望の方は下記よりお申し込みください。

近所の優良業者を紹介!