外壁塗装の価格を塗料や家の大きさなどから比較

外壁塗装は、選んだ塗料や塗装する建物の種類によって、価格が変動する工事です。そのため、どのような家でも相場通りの金額で施工できるとは限らず、予算が立てられずお困りの方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、外壁塗装の価格を、塗料代、工事内容、建物の大きさ、外装材の種類別に比較して一覧にしました。

ご自身の家で外壁塗装をする際の見積もりの参考として、ぜひお役立てください。

■塗料の価格比較

外壁塗装は、選んだ塗料のグレードで費用が変動します。

なぜなら、塗料はグレードが高いほど価格も高くなり、耐久性も高くなるからです。

1.塗料のグレード別・価格比較

現在、塗料のグレードには、アクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素の5段階があります。

ぼったくられないために、まずはあなたの街の適正価格をチェック!

塗料のグレード 特徴
アクリル塗料
1,500~1,800円/㎡
  • 耐久性が低く、現在はあまり使用されていない
  • 発色がよく
    施工価格も安価
ウレタン塗料
1,900~2,500円/㎡
  • 耐久性は低い
  • 価格は安価
  • やや弾性があり、クラック(ヒビ割れ)が起きやすい外壁
    に適している
シリコン塗料
2,800~3,000円/㎡
  • 現在最も主流の塗料
  • 耐久性に優れ価格も手ごろ
ラジカル塗料
3,100~3,800円/㎡
  • 塗料の劣化の原因となる「ラジカル」を抑制するため耐候性(紫外線に対抗する力)が高い
  • あまり普及しておらず施工実績が少ない
フッ素塗料
4,000~5,000円/㎡
  • 最も耐久性が高く20年近い耐用年数を持つ
  • 施工価格が高いため、一般住宅の塗装でも総費用が100万円を超えることがある

記載している金額は、施工費用と塗料価格を含む参考価格です。

ぼったくられないために、まずはあなたの街の適正価格をチェック!

2.機能性塗料の価格比較

塗料には特定の機能を持つ「機能性塗料」があります。

機能を持たない塗料に比べると、施工価格はやや高くなりますが、お家の困り事に適した機能性塗料を選べば、より外壁塗装を長持ちさせることができるでしょう。

ただし、自宅にあっていない間違った塗料を使うと、短い期間で再塗装が必要になる場合があります。

その前にこちらでご相談ください

塗料の種類 特徴
光触媒塗料
4,500〜5,800円/㎡
  • きれいな状態をできるだけ保ちたい方
  • 太陽光などの光に反応して汚れを分解するため、外壁・屋根が汚れにくくなる
  • 施工価格が高い
断熱塗料・
遮熱塗料
5,500~6,000円/㎡
  • 夏が非常に暑い、または冬が非常に寒い地域にお住まいの方
  • 断熱機能で室内の暖かい空気が外に逃げにくくなる
  • 遮熱機能で屋外の熱が室内に届きにくくなる
弾性塗料
3,800~4,000円/㎡
  • ひび割れがたくさんあるお住いの方
    (様々な要因でひび割れしやすいお住いの方)
  • ゴムのような弾性を持ち、ひび割れが発生しそうになると、外壁の動きに追従して割れを防ごうとする
クリヤー塗料
1,500~4,500円/㎡
  • デザイン性が高いお住いの方
  • 無色の透明な塗料
  • タイル調や石調など、塗りつぶすとデザイン性が失われてしまう外壁の保護材として使われる
  • 通常3回行うべき重ね塗りが、クリヤー塗料は合計2回で済む
  • 価格相場に開きがあるのは、クリヤー塗料の中に、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素という4段階のグレードが存在するため
無機塗料
4,800~6,000円/㎡
  • 費用よりもとにかく塗装の寿命を長くしたい方
  • ガラスや鉱石などの無機物を原料とするため、樹脂などの有機物と比べて紫外線で劣化しにくい
  • 施工価格が高い

記載している金額は、施工費用と塗料価格を含む参考価格です。

ご自宅に使用できない塗料に注意

優れた性能を持つ機能性塗料ですが、お住まいの外壁材によっては効果がなかったり、そもそも使用できなかったりするため注意が必要です。

例えば、無色のクリヤー塗料でコーティングをしても、外壁材自体が色あせていたり汚れがこびりついていたりすると、塗膜から劣化が透けて見えてしまい、塗装後に、美観の向上効果を得ることはできません。

また、窯業系サイディングボードに弾性塗料を塗装すると、ボードが蓄えた熱が塗料にダメージを与え、施工後すぐに剥がれたり気泡ができたりして劣化する可能性が高くなります。

間違った塗料を使ってしまう前にこちらでご相談ください

■塗装工事の内容別・価格比較

外壁塗装でも、外壁のみ塗装することもあれば、屋根もセットで塗装されることもあります。

あるいは、雨戸やポストなど気になる箇所の部分的な塗装のみ行うこともあるでしょう。

 

以下は、約30坪の平均的な戸建て住宅における、工事内容別の塗装費用を比較したものです。

なお、それぞれの工事を実施するときの注意点も記載していますので、価格の安さ・高さ以外の検討材料としてご利用ください。

工事内容 注意点
外壁のみ塗装
  • 60~80万円(30坪の場合)
  • 屋根を塗装する時に再度足場を組まなければならない
屋根のみ塗装
  • 40~60万円(30坪の場合)
  • 外壁を塗装する時に再度足場を組まなければならない
外壁・屋根を同時に塗装
  • 85~120万円(30坪の場合)
  • 施工価格は高くなるが外壁と屋根を別で塗装したときよりも総費用は安い
  • 屋根と外壁の塗料の耐用年数を合わせなければ劣化周期がずれてメンテナンスコストが割高になってしまう
部分的な補修や塗装
  • 10~30万円(30坪の場合)
  • 雨樋、軒天、雨戸、破風板、ポスト、玄関ドア、フェンス、塀などの部分的な塗装
  • 劣化したコーキングや浮いたタイルなどの補修
  • 部分補修は安価で済むが、足場を組まなければ行えないケースもあるため、できるだけ外壁・屋根の塗装と同時に行うのが望ましい

上記価格は目安で、地域ごとで価格は変わります。

あなたの街の適正価格の業者をこちらで無料紹介いたします!

■施工面積別の価格比較

ここまで、外壁塗装の施工面積を約30坪と仮定してご紹介しましたが、もちろん、それより小さい建物や大きな家でも塗装は行われ、施工面積に応じて総費用も変動します。

 

以下は、施工面積別に、塗料ごとの施工価格を比較したものです。

工事内容は、外壁と屋根の塗装をセットで行ったものとし、施工価格には足場設置や下地調整など、塗装で必ず発生する作業の費用も含めています。

 

なお、お家の延床面積(平米)しかわからないという方は、1平米=0.3025坪(3.3平米=1坪)に換算してご利用ください。

例えば、60平米なら18.15坪です。

坪数→
↓塗料の種類
10坪 20坪
アクリル塗料 35万円 55万円
ウレタン塗料 52万円 70万円
シリコン塗料 50万円 65万円
ラジカル塗料 62万円 70万円
フッ素塗料 73万円 85万円
光触媒塗料 80万円 90万円
断熱・遮熱塗料 72万円 80万円
弾性塗料 63万円 73万円
クリヤー塗料 42万円 53万円
無機塗料 90万円 112万円
坪数→
↓塗料の種類
30坪 40坪
アクリル塗料 60万円 70万円
ウレタン塗料 76万円 82万円
シリコン塗料 80万円 90万円
ラジカル塗料 93万円 98万円
フッ素塗料 110万円 125万円
光触媒塗料 120万円 130万円
断熱・遮熱塗料 100万円 115万円
弾性塗料 95万円 100万円
クリヤー塗料 70万円 85万円
無機塗料 130万円 145万円
坪数→
↓塗料の種類
50坪 60坪
アクリル塗料 80万円 88万円
ウレタン塗料 89万円 97万円
シリコン塗料 98万円 105万円
ラジカル塗料 108万円 115万円
フッ素塗料 140万円 147万円
光触媒塗料 147万円 153万円
断熱・遮熱塗料 125万円 150万円
弾性塗料 113万円 120万円
クリヤー塗料 95万円 100万円
無機塗料 160万円 170万円
坪数→
↓塗料の種類
70坪 80坪
アクリル塗料 95万円 110万円
ウレタン塗料 105万円 120万円
シリコン塗料 127万円 142万円
ラジカル塗料 132万円 150万円
フッ素塗料 163万円 189万円
光触媒塗料 175万円 197万円
断熱・遮熱塗料 170万円 192万円
弾性塗料 172万円 190万円
クリヤー塗料 110万円 125万円
無機塗料 185万円 200万円
坪数→
↓塗料の種類
90坪 100坪
アクリル塗料 125万円 135万円
ウレタン塗料 145万円 165万円
シリコン塗料 157万円 172万円
ラジカル塗料 172万円 185万円
フッ素塗料 205万円 235万円
光触媒塗料 215万円 252万円
断熱・遮熱塗料 210万円 248万円
弾性塗料 212万円 237万円
クリヤー塗料 145万円 180万円
無機塗料 250万円 275万円

記載金額は参考価格です。立地や建物形状によって金額は変動します。

お住いの外壁塗装の価格をさらに詳しくお知りになりたい方はこちらから無料でご案内いたします。

■外装材別・塗装費用の比較

建物に使われる外装材は、種類ごとに特徴に違いがあり、施工に使う部材や、発生する劣化現象も異なります。

また、外壁塗装では、塗替えだけでなくひび割れや錆びの補修も一緒に行われますので、外装材の種類によって、工事内容は異なることがあります。

1.外壁材別・塗装費用の比較

30坪の戸建て住宅を想定して、外壁材の種類別に、塗装工事にかかる価格の相場をまとめました。

外壁材 特徴
窯業系サイディング
70~80万円
(30坪の場合)
  • 塗装の際に、目地のコーキング(シーリング)点検が発生する
金属系サイディング
(ガルバリウム鋼板など)
73~78万円
(30坪の場合)
  • 塗装の際に、錆びを落とすケレン作業や防錆塗装が発生する
モルタル壁
(リシン、スタッコ、吹き付けタイル仕上げのもの)
70~85万円
(30坪の場合)
  • 目地内部に汚れが溜まりやすい
  • ひび割れが発生しやすい
  • 吸水性が高いため塗料を吸い込みやすく、塗装に時間がかかる
  • 上記の理由から下地調整に手間がかかる
コンクリート壁
70~78万円
(30坪の場合)
  • 撥水剤によるコーティングが行われる
  • ひび割れの補修が発生する
タイル・レンガ
30~50万円
(30坪の場合)
  • 再塗装の必要がない
  • タイルやレンガの浮き補修が発生する
  • 下地のモルタル層の補修が発生する
  • 欠けたタイルやレンガの交換が発生する

上記価格は目安で、地域ごとで価格は変わります。

あなたの街の適正価格の業者をこちらで無料紹介いたします!

2.屋根材別・塗装費用の比較

こちらは屋根材の種類別に、屋根塗装のみの費用を比較したものです。

屋根材 特徴
スレート
40~60万円
(30坪の場合)
  • 多くの一班住宅で使われている屋根材
  • 塗装の際に縁切りが必要
日本瓦(和瓦)
10~30万円
(30坪の場合)
  • 素材自体が紫外線で劣化しにくいため、表面を塗装する必要がなく、再塗装も発生しない
  • 割れた瓦の交換が発生する
  • 瓦の下部にある、野地板や防水シートの点検が発生する
セメント瓦(洋瓦)
45~63万円
(30坪の場合)
  • 表面を保護するために吹付け塗装が行われる
  • 割れた瓦の交換が発生する
ガルバリウム鋼板
48~68万円
(30坪の場合)
  • 軽量で耐震性も高い
  • 錆びを落とすケレン作業や防錆塗装が発生する
トタン
50~65万円
(30坪の場合)
  • 錆びを落とすケレン作業や防錆塗装など、補修工事がガルバリウム鋼板よりも多く発生しやすい

上記価格は目安で、地域ごとで価格は変わります。

あなたの街の適正価格の業者をこちらで無料紹介いたします!

■おわりに

外壁塗装の価格は、施工する建物の劣化状況や、使われている外装材、施工面積によって大きく変動します。

そのため、それぞれの条件ごとに相場を調べて費用をある程度予測していても、実際に見積もりを取ってみるまでは、お住まいの確実な費用を知ることはできません。

今回ご紹介した価格比較は、あくまでも参考として考え、お住まいの状況を的確に把握して見積もりを作ってくれる優良業者と出会うことが、塗装リフォームを成功させるためには欠かせません。

 

外壁塗装駆け込み寺でも、お住まいの条件に合わせて無料診断や業者紹介を行っていますので、ぜひご利用ください。

ガルバリウム鋼板の施工が得意な優良業者が在籍!

●ガルバリウム鋼板の施工が得意な業者を無料で紹介
●全国どこでも無料で相談出来ます!
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺にはガルバリウム鋼板の補修、リフォームが可能な優良外壁塗装業者が多数在籍しています。相場以上の料金を取られてしまうなどの被害が多いガルバリウム鋼板業界で、安心出来る業者探しをお手伝いしています。

どのような事でも遠慮なくご相談ください。専門のスタッフが今現在のガルバリウム鋼板に関するお悩みを丁寧にお伺いします。

ガルバリウム鋼板の施工業者を探す