ガルバリウム鋼板の価格を調べるときのポイント

ガルバリウム鋼板は、メタリックな質感とシャープな見た目で人気も高く、次の張替えリフォームに使用を検討している方も多いかと思います。

ガルバリウム鋼板の価格を調べるときは、部材の安い・高いだけでなく、施工する業者のやり方や施工方法で変動する、材料費以外の費用についても把握しておく必要があります。

 

この記事では、ガルバリウム鋼板の価格帯と併せて、施工の総費用を調べるときのポイントについて解説します。

■ガルバリウム鋼板の商品価格

まずはガルバリウム鋼板の平均的な商品価格について見てみましょう。

1.メーカー別・ガルバリウム鋼板の価格

ガルバリウム鋼板は、以下のような各外装材メーカーから様々な種類が販売されています。

なお、リフォームの際は、メーカーのホームぺージやカタログに記載されている定価ではなく、やや割引された価格になります。

●ニチハ

※2018年2月時点の税抜きの定価です

金属系外壁材『センターサイディング』

  • Iシリーズ:7,000円/㎡
  • t-colorシリーズ:5,730円/㎡
  • プレミアムシリーズ:4,670~円/㎡
  • モノカラーシリーズ:4,000~円/㎡
  • ベーシックシリーズ:3,830~円/㎡

 

金属製屋根材センタールーフ

  • 横暖ルーフα プレミアムS:6,710~円/㎡
  • 横暖ルーフ プレミアムS:6,710円/㎡
  • 横暖ルーフα S:5,720~円/㎡
  • 横暖ルーフS:5,720~円/㎡

●ケイミュー

※2018年2月時点の税抜きの定価です

金属サイディング『はる・一番』

  • ナロースパン柄:4,690~円/㎡
  • 細石柄2:4,860~円/㎡
  • 雅石柄2:4,860~円/㎡
  • 長石柄2:4,860~円/㎡
  • 長石柄3:5,210~円/㎡

 

金属屋根材『スマートメタル』:3,080~円/㎡

●旭トステム

※2018年2月時点の税抜きの定価です

金属Danサイディング

  • スチール超深絞りシリーズ:6,229~円/㎡
  • スチール深絞りシリーズ:3,713~円/㎡
  • スチールニュースタンダードシリーズ:4,099~円/㎡
  • スチールスタンダードシリーズ:3,394~円/㎡
  • アルミ深絞りシリーズ:7,348~円/㎡
  • アルミスタンダードシリーズ:5,159円/㎡

2.外壁リフォームは商品価格だけでは行えない

ガルバリウム鋼板に張り替えるリフォームは、商品価格のみ支払えば終わりではありません。

商品をメーカーから取り寄せる運送費や、張替え作業を行う職人の人件費といった、様々な費用が組み合わさって、ガルバリウム鋼板に張り替える総費用が決まります。

どのような費用が、どのくらい発生するかというしくみを知っておくことが、ガルバリウム鋼板の施工費用相場を知るために、何よりも必要な情報です。

 

中には、施工の際に手数料が高くなってしまう業者や、わざと費用を上乗せする業者などもいますので、業者選びを慎重に行うことが、ガルバリウム鋼板を適切な費用で購入する鍵とも言えるでしょう。

■張替えにかかる費用の内訳

ガルバリウム鋼板など、外装材を張り替えるリフォームでは、以下の費用が発生します。

  • ガルバリウム鋼板の部材費
  • 人件費
  • 運送費
  • 諸費用

部材費とは、ガルバリウム鋼板の商品価格のことです。

人件費とは、古い外壁材を撤去したり、ガルバリウム鋼板を壁や屋根に張り付けたり、部材を現場加工したりする、作業員の手間賃のことです。

運送費とは、ガルバリウム鋼板を現場まで運ぶためにかかった配送料や車両費の合計金額で、施工場所が遠いほど高くなります。

 

そして諸費用とは、それ以外の費用で、ここに業者の利益や細かい経費が含まれます。

工事にかかった経費だけを契約金額で回収しても、利益をもらわなければ、業者は営業を続けることができませんので、利益もリフォームでは当然発生する費用です。

ただし、あまりにも利益を上乗せし過ぎるとお客さんが遠ざかってしまいますので、あくまでも適切な範囲内に留められています。

1.人件費が増えるほど施工価格も増える

人件費は、特定の作業を行うために欠かせない費用ですが、作業を行う人員が増えるほど、人件費も増えることになります。

リフォーム業者の種類別に、発生する人件費を比較してみると、以下のようになります。

 

  • 職人が営業も施工もする店
    部材費+職人への人件費+運送費+諸費用
  • 施工と営業を別のスタッフが行う店
    部材費+職人への人件費+営業スタッフへの人件費+運送費+諸費用
  • 営業は自社スタッフが行い、施工は外注スタッフが行う店
    部材費+営業スタッフへの人件費+施工スタッフへの外注費+中間マージン+運送費+諸費用
  • 営業、施工も外注スタッフが行う店
    部材費+営業スタッフへの外注費+施工スタッフへの外注費+中間マージン+運送費+諸費用

 

このように、特定の作業を行えるスタッフが在籍しておらず、他の外注業者に任せなければならない業者ほど、人件費や中間マージンが増え、工事の総費用も膨らんでしまいます。

 

同じガルバリウム鋼板を使って施工しても、選んだ業者によって発生する費用は異なりますので、商品価格の安さだけで工事を決めてしまわないように注意が必要です。

2.外注業者が増えるほど施工価格は高くなる

自社に工事の専門部署がなく、外注業者を使わざるを得ない会社に工事を任せると、中間マージンが上乗せされて、通常のリフォーム費用よりも割高になる傾向にあります。

施工業者の中に、施工するスタッフが在籍していれば外注費は発生せず、職人だけで構成された塗装専門会社などは、この点をメリットとして掲げている所も少なくはありません。

 

また、足場の設置や電気工事といった専門資格を持つ会社であれば、ほとんどの外装リフォームを自社スタッフで行えますので、これらの資格を持つスタッフが在籍しているかどうかも、業者を選ぶときのポイントです。

●外注業者が悪いとは限らない

もちろん、外注業者を使うことは必ずしも悪いことではなく、元請けと下請け同士に長年の信頼関係が築かれており、抜群のフットワークで高品質なリフォームを行うような業者もいます。

 

しかし、悪徳業者になると、中間マージンを相場よりも上乗せしておきながら、下請けに支払う報酬は安くし、自分たちに多くの利益が発生するよう仕組んでいることがあります。

さらに、安い賃金のもとでは、下請け業者は満足に工事が行えず、施工ミスや手抜き工事を誘発してしまいかねません。

 

もし、工事部門を持たないリフォーム業者にガルバリウム鋼板の張替えを依頼するときは、これまでの施工事例などを見せてもらい、下請け業者と正しく連携が取れているかよく観察しましょう。

■ガルバリウム鋼板で張り替えるときの施工価格

ガルバリウム鋼板の張替えは、平米あたり4,000〜6,000円程度が施工価格の相場となっています。

30坪の家であれば、70〜100万円ほどかかる見込みですが、屋根葺き替えも行う場合は、プラス30〜50万円を見ておいた方がよいでしょう。

1.カバー工法なら約2割安くなる

カバー工法とは、既存の屋根または外壁材を残したまま、新しい外装材を張る工法のことです。

既存外装材または既存屋根材の撤去費用や産廃処分費用が発生しないため、工事費用が安くなり、多少の防音性アップも期待できるなどのメリットがありますが、施工が正しく行われないと、外壁内部で結露が起きたり、家の重量が重くなって耐震性が低下したりするほか、施工の際に下地材の劣化状況を詳しく点検できないなどのデメリット面も指摘されています。

●ガルバリウム鋼板はカバー工法と相性がいい

屋根が重い家ほど、地震で揺れやすくなるため、耐震性が低下してしまいます。

しかし、ガルバリウム鋼板は軽量な外装材として知られており、カバー工法のデメリットである躯体の負荷を、軽減する効果があります。

 

また、ガルバリウム鋼板やトタンなどの金属板は、スレートや瓦、サイディングなどの外装材よりも熱伝導率が高く、熱を溜め込みやすいため、既存の外装材に断熱材が入っており、かつその効果が残っていれば、断熱効果も期待できます。

2.安全なリフォームには施工業者の技術力が欠かせない

ガルバリウム鋼板は、特に施工条件が厳しい外装材です。

施工基準が守られなければ、本来の耐久性を引き出せず、保証期間や耐用年数を迎える前に耐久力が落ち、メーカーの保証も付かなくなってしまう可能性もあります。

例えば、現場でガルバリウム鋼板をカットし、漏水の恐れがあるにも関わらず切断面の防錆や防水処理を怠ったために、雨水が断面から浸水し、ガルバリウム鋼板が錆びてしまった事例もあります。

また、カバー工法を選ぶ場合も、下地の劣化状況をきちんと見極めて行わなければ、せっかくガルバリウム鋼板でカバーしても、躯体の劣化を進めてしまうことになります。

「施工が楽」という理由だけでカバー工法を勧めようとする、手抜き業者の可能性もあるため、安易にカバー工法を選ぶのは避けておいた方がよいでしょう。

 

依頼する施工業者が、カバー工法の施工経験を持つか確認し、できれば約5年以上経過した施工事例を見せてもらい、建物の現在の状況を見ておくことをおすすめします。

■おわりに

張替えリフォームは、塗替えよりも割高になってしまいます。

しかし、ガルバリウム鋼板であれば、割安なカバー工法を選んでも家の耐久性を落とすリスクが減らせますので、張替えリフォームに適した外装材と言えるでしょう。

 

また、張替えの際は、商品の販売価格だけでなく、施工の際に、どのくらいの費用が発生するかまで、しっかり予測することも大切です。

できるだけ、自社スタッフだけでほとんどの工事を行ってくれる外装工事の専門業者や、外注業者との信頼関係が築かれている、実績豊富なリフォーム会社を見つけておきましょう。

ガルバリウム鋼板の施工が得意な優良業者が在籍!

●ガルバリウム鋼板の施工が得意な業者を無料で紹介
●全国どこでも無料で相談出来ます!
●変な勧誘等はありません
●複数社に一括見積もりの依頼が可能
●お住まいの外壁塗装相場を適正診断
●お断り代行で業者と気まずくならない
●他社見積もり中でもOK

外壁塗装駆け込み寺にはガルバリウム鋼板の補修、リフォームが可能な優良外壁塗装業者が多数在籍しています。相場以上の料金を取られてしまうなどの被害が多いガルバリウム鋼板業界で、安心出来る業者探しをお手伝いしています。

どのような事でも遠慮なくご相談ください。専門のスタッフが今現在のガルバリウム鋼板に関するお悩みを丁寧にお伺いします。

ガルバリウム鋼板の施工業者を探す