外壁塗装の種類で1番人気がある塗料はどれ?

 

(※この記事は2016年11月4日に更新されました)

 

toryoosusume

 

外壁塗装の塗料には非常におおくの種類があります。

 

おもに外壁塗装で利用されるのはランク別にわけると、アクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル、フッ素、特殊塗料などがあります。

 

外壁塗装の工事代金のほとんどが、この塗料代(選ぶ塗料の種類、外壁の種類)などにより差がうまれます。

 

逆に足場代などにかんしてはそこまでかわる事はありません(○○製の足場だからレンタル代が高い、という事はほとんどない)。

 

家の外壁塗装をおこなう時に、どの塗料を使うべきなのかを確認しておきましょう。

 

今のあなたにあてはまる項目をお選びください

 

塗料の種類でもっともオススメなのは?

 

安い塗料を選んでしまうと工事費用はかえって高くなってしまいます。

 

最も費用対効果が高くオススメの塗料は?

 

 

水性・油性、1・2液型、ツヤなどの塗料タイプはなにがよい?


外壁塗装の塗料にはシリコン塗料、フッ素塗料などの種類だけではありません。

 

水性なのか油性(溶剤)なのか、1液型なのか2液型なのか、ツヤを出すのか出さないのかなどさらに細かい分類があり、耐久性が変わります。

 

最も耐久性を高めるためにはどれを選ぶべきかまとめました。

 

 

サイディングボード、モルタルなどの外壁の種類についてしりたい

 

サイディングボード、モルタルなど家の外壁をまもる外装材は様々な種類があり、それにあった適切な塗料がまったく違います。

 

外装材に関する基本的な事項をまとめました。

 

 

信頼できる塗料メーカーがどこか知りたい

 

外壁塗装用の塗料にはあまり知られていないような塗料メーカーがたくさんあり、中には信頼できない塗料メーカーもいくつもあります。

 

信頼できる塗料メーカーを出来るだけ選ぶようにしましょう

 

 

塗料にもとめられる性能のまとめがみたい

 

耐久性、防水性、断熱性など塗料に求められている機能はいろいろあり、塗料によって持つ性能が違います。

 

それぞれの性能がどのような意味なのかをわかりやすくまとめました。

 

 

下塗り、中塗り、上塗りなどの工法について正しく知りたい

 

外壁塗装の基本中の基本である三度塗りの下塗り、中塗り、上塗りですが、手を抜く業者がたくさんいます。

 

どのような工程であり、手抜き業者を見抜くにはどうするべきかをまとめています。

 

 

シーラー、プライマーなどの下塗り用塗料について知りたい

 

外壁塗装工事の中でも重要な役割を果たす下塗り用塗料には様々なものがあり、それぞれで機能が異なります。

 

どのような場合にどのような下塗り塗料が適切なのかを解説しています。

 

 

外壁塗装で使われる道具の種類について知りたい

 

ローラー、刷毛(ハケ)、スプレーガンなど塗料を壁に塗るには様々な道具が使われています。

 

今の主流の道具や、使わない方が良い道具をわかりやすく解説しています。

 

 

外壁塗装の仕上げの種類を知りたい

 

周りからきれいに見られるための外壁塗装ですが、より優れた美観にするためにに熟練の技術で仕上げを行います。

 

外壁塗装の仕上げについて簡単にまとめました。

塗料の種類で最もオススメなのは?

外壁塗装の塗料(ペンキ)は様々な種類があり、主に含まれている樹脂成分によってグレードが分けられています。耐用年数が長い塗料は価格が高くなり、逆に安い塗料は耐用年数が短くなる傾向があります。

ここでは費用対効果などを考えながら、どんな塗料を選べば良いのかを解説します。

続きを読む

水性・油性、1・2液型、ツヤ等の塗料タイプは何が良い?

外壁塗装用の塗料には、シリコン、フッ素などの樹脂それぞれがさらに細分化しています。

  • 何で塗料を希釈するのか(水性・油性(溶剤))
  • 1液だけか2液を混ぜて使うか(1液型2液型)
  • ツヤを出すか出さないか(ツヤ塗料、ツヤ調整塗料、ツヤ消し塗料)

などです。

ここではどの塗料タイプが最も適切であるかをそれぞれのタイプの機能面から解説します。

続きを読む

大手塗料メーカーが製造している塗料の種類

外壁塗装リフォームに利用する塗料は大手塗料メーカーを選べば間違いありません。

塗料を選ぶ際は、ただ高品質が良いということで性能を選ぶだけではまだ不十分です。塗料を選ぶときには必ず信頼できる大手塗料メーカーの塗料を使用することを覚えておきましょう。

ここでは大手塗料メーカーが製造している塗料を具体的にまとめながら、どのような注意点があるかを解説しています。

続きを読む

塗料に求める効果・性能の種類

私たちは外壁用の塗料に何を求めて居るのでしょうか。全てそろったオールマイティな塗料はありませんので、家の状況に合った塗料の選択が必要です。

性能が低い塗料を選んでしまうと、数年ではがれてしまったり、補修が必要になったりする場合もあります。通常、完全に自分で塗料を選んで、外壁塗装業者に塗ってもらうという事はありませんが、塗料にどのような機能があるのかということぐらいは、知っておいても良いでしょう。

「この塗料は○○性が高いので良いです」という意味の言葉を塗料のカタログや、外壁塗装業者の説明で聞くことがあります。ただ、○○性といわれても素人にわかる言葉は少ないです。

ここでは塗料の性能にある○○性に関して詳しく解説していきます。

続きを読む

下塗り、中塗り、上塗りなどの塗りの役割は?

外壁塗装というのは三回塗りが基本で、一回目を下塗り、二回目を中塗り、三回目上塗りと言います。この三回塗りは絶対に必要と考えてください。悪徳業者や手抜き業者がこの三回塗りを行わず、後からすぐに塗料がはがれてトラブルになるという事がよくあります。

「優れた機能なので、下塗りと上塗りの二回塗りで大丈夫です」や「下塗りをしなくても良い塗料」という外壁塗装会社は信用できないものと思った方が良いでしょう。

そしてただ三回塗るのではなく、それぞれにきちんと意味があって塗るものとなりますので、工賃を惜しまずにしっかりと三回塗ってもらうようにしましょう。中には三回塗ったふりをして二回しか塗らない悪徳業者もいるので注意してください。

ここでは下塗り、中塗り、上塗りのそれぞれの役割を確認しましょう。

続きを読む

外壁塗装における下塗り用塗料の種類や用途

(この記事は2016年12月29日に更新されました)

外壁塗装は基本的に三度塗りですが(塗料や仕上げ方によってはそれ以上)、内訳は下塗り一回と上塗り二回です。

上塗りが主に塗料の膜(塗膜)を外壁に作り、美観にも影響する主役のような塗料ですが、実は下塗り塗料も非常に大事な塗料なのです。

続きを読む

外壁塗装で使用される塗り道具の種類

外壁塗装は今はローラーなどで塗るのが主流になっていますが、刷毛で塗ったり、スプレーで吹き付けたりと他にも様々な道具があります。

外壁塗装を行う道具の種類によって、度量の月か型変わってきます。例えば、毛足の長いローラーは、スポンジのようなローラーよりも外壁のでこぼこを気にしないで塗り上げることが出来ます。

ここでは、そんな外壁塗装や屋根塗装で利用される主な道具とメリットデメリットについてまとめます。どの方法が良い、悪いと言う事ではなく、要所要所で仕上げ方法を使い分けることが必要なのです。

続きを読む

外壁塗装における仕上げの種類

ただ真っ平らに塗るだけではみんな同じような外壁になってしまいます。特にモルタルは様々な模様をつけることが出来る、というのがサイディングやALCパネル等にはない特徴の一つなので、是非好みの仕上げを施したいところです。

仕上げを施したいときはそれ専用の主材・仕上げ材を使用します。様々な主材があるので、家の外壁に出したい模様を見本等で良く確認しながら、主材を選んでください。同じ主材でも押さえ仕上げなどで一手間加えると価格が変わるので、塗料をお決めになるときに一緒にご相談ください。

続きを読む

塗る場所によって塗料の種類が変わる

塗料だけでなく、塗料を塗る場所の種類も様々あり、もちろんそれぞれにあった塗料が存在します。

シリコン樹脂塗料が費用対効果が高いからと言って、家の全ての部分に使う事は出来ません。雨樋には雨樋の為の塗料、木部には木部の為の塗料があります。様々な家のパーツに適切な塗料を塗る事が求められます。

それぞれの場所で塗料を使い分けて塗料のあまりを出したくないからといって、家のすべてを同じ塗料で塗るような手抜き業者は問題外ですし、DIYでもそのようなことはやめましょう。

ここでは家のパーツがどのようなに分類されるのかなどを中心に解説します。

続きを読む